面白いニュースサイト秒刊SUNDAY(びょうかんサンデー)

秒刊SUNDAY | 面白いネットニュースサイト

外国人の反応

衝撃!腸が体外に飛び出した赤ちゃんが生まれる!母親「怖かった」

body_chou
健康的に生まれ健康的に生活をする。こんな当たり前のことが幸せであると感じるのは、病院に入院した際ではありますが、何故自分はこんな体になってしまったのかと自暴自棄に陥ることもあります。さてそんな中、こちらの赤ちゃんはとんでもない状態で生まれたということなのです。なんと体内の腸がとびだしていたということです。

続きを読む

平昌オリンピック地図に日本が無い!見てみたら本当だった

53
来年2月に開催される2018年平昌オリンピックの公式サイトがとんでもないこととなっています。なんとあろうことか、表示されている世界地図に日本がないということです。確かに韓国には反日感情はあるのかもしれませんが、流石にオリンピックの地図に日本を削るなんてことはないでしょう。と言うことで実際に見てみました。

続きを読む

アントニオ猪木と「北朝鮮で写真撮ってきた」という伝説の大学生が話題に!

25
現在世界中が最も注目している国と言えばそう「北朝鮮」ではないでしょうか。様々な問題が取り沙汰されておりますが、このご時世未だに「共産主義」を貫くという独自性はなかなか珍しいもので、ある意味「興味本位」すら湧いてきてしまうそんな国です。さてそんな北朝鮮、現在渡航に関しては自粛を求められておりますが、こちらの方が行ってきたようです。

続きを読む

【無慈悲】これは無慈悲過ぎる!マリオさん「金正恩ヘアー」にしてみた結果!

kim1
今や、世界で話題の人といえば「トランプ大統領」そして「金正恩氏」ではないだろうか。世界は二人の喧嘩に国を挙げてやりあうというプロレスに付き合わなくてはならなくなってしまっておりますが、一体この騒動、いつどこで着地点をむかえるのでしょうか。そんな中海外のとある方が金正恩氏のヘアースタイルにしたというのです。

続きを読む

美人すぎ!台湾の看護師「パナイエン」がインスタバエ過ぎる可愛さだとネットで話題に!

10
最近美しすぎるCAさんや美しすぎる救急医療医など、頻繁にネットで話題となっております。やはり、それだけ「インスタバエ」を狙った投稿が増えた結果、彼女たちも必然的にインスタバエするために美しくなっていかざるをえないわけでしょう。ということで、こちらの女性がまさにインスタバエする写真を掲載しております。

続きを読む

【怖すぎ】海外ヤバイ!家の中に普通に恐ろしいヘビが侵入してくると話題に

02
日本の住宅において、まず危険が差し迫ってくることなど、災害時以外ありえないわけですが、とりわけ、家の嫁さんのご機嫌が悪すぎてかなり危険だというジョークはさておき、海外の家庭では普通に危険な生物が侵入してくるのです。もちろん、命の危険があるなんてこともあるわけで、おちおち寝てもいられません。

続きを読む

【無慈悲】トランプと金正恩の髪の毛を入れ替えると「かつてない程」のクオリティに仕上がると話題に

kim1
北朝鮮とアメリカ、両者の争いが激化する中、どうやら世間的には「国」VS「国」といよりも、「トランプ」と「金正恩」のただの言い争いにしか過ぎないと、徐々に茶化し始めております。それに付き合わされる軍も不甲斐ないわけではありますが、お互いの言っていることは、世間から見て子どもの喧嘩レベルなのでしょう。

続きを読む

【インスタ映え】これが同じ現場だと!?プロの実力が違いすぎる写真が話題に!

08
インスタ映えなんて言葉が今は流行しておりますが、素材もたしかに大事です。大事ですが、それ以上に大事なのはテクニックです。腕が良くなければ写真がきれいに取れません。料理と同じように、素材がいくら良くても、料理が出来ないのであれば意味がない。ということでこちらのプロのテクニックというやつを御覧ください。

続きを読む

【1000年】ハーバード大学の双子女子大生が「超絶美しすぎる」と海外で話題に!

05
1000年に一度、なんて言葉は非常に一時期話題となりましたが、あまりに1000年に一度のバーゲンセールが続きすぎたためか若干チープな感じもしないでもないわけですが、それでも美しい人が減っているというわけではないので、是非とも今後も引き続き1000年とはいわず、100年、いや10年でもいいので出てきてもらいたいです。

続きを読む

【怖すぎ】世界最大級のクモ「Aragog」民家襲来で海外家庭が大パニックに!

59
この世で恐ろしい生物といえば、ヘビそしてクモ。何故この自然界には恐るべき生物がいるのでしょうか。とはいえ、彼らも我々を恐怖に陥れようとしているというわけではなく、自然に生活をしたいというだけであるはずです。だからこそそっとしてあげたいわけですがやっぱり気色が悪いことは払拭できません。

続きを読む

スポンサードリンク
Amazonライブリンク
スポンサードリンク
記事検索