面白いニュースサイト秒刊SUNDAY(びょうかんサンデー)

秒刊SUNDAY | 面白いネットニュースサイト

おすすめ

台湾の1000年に一度美人さんが「神の遺伝子」過ぎると話題に

51
もはや1000年に一度という言葉がありふれたものに感じられるようになってきた昨今、このフレーズが日本のみならず海外でも使われるようになってきました。と言うことでこちらの台湾の航空会社に務める彼女も1000年に一度と言われ、今人気沸騰中ということです。しかも衝撃的職業ということで注目すべき女性です。

続きを読む

ありがとうGoogle。ストリートビューに「亡くなった父親」感極まる利用者

d3064102
Googleストリートビューというものは、許可を得ず街の風景を撮影し、人間に対してはぼかしを入れるという処理を行っておりますが、結果的にいつの間にか掲載されているという状況です。もちろんこれが海外企業であるから、大きな問題にはならないのかもしれませんが、今回話題となっているのは逆に「ありがたい」というニュースです。

続きを読む

文春くん公式が炎上!小室さん報道をうけ「廃刊しろ」などの厳しい声も

36
いつも炎上させる側の「文春」が今度は逆に炎上してしまっております。どうやら、小室哲哉さんの不倫疑惑報道をしたことにより「日本を敵に回した」「不倫を金儲けのビジネスにしている」などの批判が殺到しております。もちろん不倫報道は国民の大好物であり知りたい真実。しかし、ある程度の一線はこえてはいけないようです。

続きを読む

丸いキューリはかぼちゃだよ。30年前の生徒との思い出!

yasai
こんにちは。秒刊サンデーのライター”わらびもち”です。今日は、私が中学校で数学の講師をしていた時のことを書いてみたいと思います。30年も前のことになります。生徒が、「先生、丸いキューリあったよ。」と言ってきたのです。「えっ?」と言いながら、私には思い当たることがありました。私が返事をする前に、生徒は私の目の前に”丸いキューリ”を差し出しました。あぁやっぱり。生徒が差し出したのは”キューリ”ではなくて”かぼちゃ”でした。

続きを読む

酉年から戌年へ!エースコックのトリカライヌードルのネーミングセンスに腹よじれた!

IMAG5689
2018年、戌年になってもうすぐ1ヵ月が過ぎようとしています。まだまだお正月気分が抜けず仕事に身が入らないという方も多いのではないでしょうか。そんな人に是非とも食べて貰いたいのが、エースコックから発売された「トリカライヌードル 辛口鶏白湯味」です。酉年から戌年への年次をカップラーメンで表現した何ともシャレの効いたもの!刺激的な味わいで、身も心も新年へのスイッチ切り替えにぴったりの一品です!

続きを読む

アニメーター終了!?マイクロソフトがとんでもないものを開発してしまう!

15
AIの技術は日々進歩し、数十年前までは考えられないようなことが現実化しております。特に検索エンジンなどの進歩はすさまじく、たとえ検索ワードを間違えても、自分が探したかったものに勝手に修正されたどり着きます。かつてのネットでは考えられなかったことですが今ではそれが当たり前です。そしてこちらの技術も注目です。

続きを読む

YOSHIKIも心配!小室哲哉「最後の言葉」があまりにも泣けると話題に

19
歌手でプロデューサーである小室哲哉さんがご自身のインスタグラムで最後の思いを語っており話題を呼んでおります。一時期90年代には「小室哲哉プロディース」という言葉が一世を風靡し、音楽業界のヒットチャートが軒並み小室哲哉ファミリー一色だったあの頃、それから20年一体小室哲哉さんになにがあったのでしょうか。

続きを読む

ペンギンの散歩姿がかわいすぎる!冬の旭山動物園も超おすすめ!

p1
ペンギンが列を乱さないようにして歩いています。運動不足にならないように園内を散歩しているのですが調教されているわけではありません。キングペンギンの、「餌を取りに集団で海まで歩いていくという習性」を利用しているそうです。このように動物本来の行動や能力を見せる展示スタイルを「行動展示」といいます。ここは行動展示で有名な旭山動物園です。北海道の旭川市にあります。

続きを読む

クラリスは「ナウシカ」!「カリオストロの城」の実はあまり知られていない雑学


33
本日ルパン三世カリオストロの城が日本テレビで放映されます。こちらはジブリで有名な宮駿の初映画監督作品となっておりますが、宮駿がルパン三世を手がけているというのもなかなか面白い事実です。ということで、今回はこの作品にまつわるうんちく等をまとめてみましたのでご覧ください。


続きを読む

完全に「アナ雪」ロシアー62℃の凍った世界があまりに衝撃的過ぎる

35
日本も現在冬ということで寒い日々を送っております。朝起きると布団に戻りたくなるほど極寒なわけですが、これぞ日本の冬ということである意味趣があるものでもあります。そんな中、ロシアのオイミャコンではなんと氷点下62℃というとんでもない気温を叩き出し話題を呼んでおります。一体どのような世界なのでしょうか。

続きを読む

スポンサードリンク
Amazonライブリンク
スポンサードリンク
記事検索