top

8個の円が、アルファベットの”H”の形に並んでいます。5個の円を移動させて、今度は”□(四角)”の形に並べ替えてください。一度に移動できる円の個数は1個とします。円は持ち上げることなくすべらせて移動させてください。また、1個の円の移動が終わるごとに、その円は必ず他の2個の円と接しているものとします。

−”□(四角)”の形とは...

”□”の形と言われてもわかりにくいかもしれません。下の図のような形に並べかえて下さい。

question

円の移動を始める前に、少し頭の中でイメージしてみると良いかもしれません。



−最初にどの円を移動しましょうか

最初に右側の列の一番上の円を移動させてみましょう

hint1



移動させた円の色を、黄緑色に変更しておきました。黄緑色の円はオレンジ色の2個の円に接していますから、この移動は条件に合っています。
次は、右側の列の一番下の円を最初に移動した黄緑色の円の横まで移動させましょう。ここに移動しても、2個の円に接することができるので、条件を満たしています。

hint2




次にどの円を移動させるかイメージしてください。




移動する円をイメージできましたか





−3個目の移動です

図のようにオレンジ色の円を移動すると、この円は2個の円に接するので条件を満たしています。他の円を移動させることはできないでしょうか。2段目の一番右側にあるオレンジ色の円を移動することもできるでしょうか。

hint3

一番右側の円を移動させることはできますが、そのあと残りの円を移動させることができなくなってしまいます。ということで、やはり上の図のように移動しましょう。



−移動させて良い円はあと2個です

自分がイメージした円を動かした場合、残りの円を移動させて答えまでもっていけるかどうかを考えてください。

2個の黄緑色の円に挟まれているオレンジ色の円を移動してしまいましょう。この円をそのままにしておくと、この後で動きが取れなくなってしまいます。

では、黄緑色の円に挟まれているオレンジ色の円を図のように移動させましょう。





hint4



右側にポツンと1個、オレンジ色の円が残っています。この円を左下に移動させると、黄緑色の2個の円に接することができます。これで移動を完了させることができるでしょうか。

hint5



−答えです

5回の移動で、”H”の形に並んでいた円を、”□”の形に並べ替えることができました。

answer



−別の方法がある?

はい、別の方法があります。最初に移動させる円は、下の図の黄緑色の円ならばどれでも答えにたどり着くことができます。これは、最初に移動する円の位置が変わっただけなので、移動の方法自体はどれも同じです。

another

答えを見せられると簡単にできてしまったように思いますが、一人で考えていると円を移動させることができなくなったり、せっかく移動したのに2個の円に接していない場合が出てきてしまったりします。また、持ち上げないですべらせるだけという条件をつい忘れてしまったりという場合もあります。


一瞬で読めたら凄いという文字もありましたが


ちょっとした隙間時間に取り組むには面白い問題だと思います。答えが出た後には、是非お友達にも出題してみてください。 

(秒刊サンデー:わらびもち