top

アルファベットがある規則に従って並んでいます。「T」だけが2個ありますが、他の文字は1個ずつです。「?」に適するアルファベットに心当たりがありますか。「日本人だものアルファベットで聞かれても困るよ。」なんて思っているあなた。そういうあなたこそ、きっとすぐわかりますよ。じっと見ていると、ある規則に気付くことができるかもしれません。


question

−ある規則ってどんな規則?

アルファベットは適当に並んでいるわけではなくて、どこからでもいいのですが、この順番で並びます。反時計回りに見るとわかりやすいかもしれません。


−ヒントです

下に書かれている文字の意味が分かると、答えに近付きます。「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」は何を表しているでしょうか。同じように、「大黒天・毘沙門天・恵比寿天・寿老人・福禄寿・弁財天・布袋尊」、「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、「アジア・ヨーロッパ・アフリカ・オセアニア・北アメリカ・南アメリカ・南極」は何を表しているでしょうか。そして、この4つに共通していることは何でしょうか。


hint1





−それぞれの文字の集まりが表しているものは

「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」は虹の色を表しています。「大黒天・毘沙門天・恵比寿天・寿老人・福禄寿・弁財天・布袋尊」は七福神全員の名前です、「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」は春の七草です。七草がゆの材料になるものですね。お正月においしものをたくさん食べて胃が疲れてしまった頃に、胃に優しいものを食べるという意味もあるそうです。

「アジア・ヨーロッパ・アフリカ・オセアニア・北アメリカ・南アメリカ・南極」は七大陸(七大州)を表しています。

hint2



−この4つの仲間に共通することは何でしょうか。

七福神、春の七草、七大陸の3つには、「7」という数字が共通しています。「7」は虹にも共通しているでしょうか。虹は7色です。そうです4つの仲間に共通しているのは「7」という数字です。

問題の図に書かれているアルファベットは、「?」も入れると7つあります。身の回りにあるもので「7」に関係するものに思い当たりませんか。


−1週間って何日間ありましたっけ?

日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日の7日間あります。これを英語にすると、Sunday、Monday、Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday、Saturdayです。もう一度、最初の図を見てみましょう。

top

「?」の左側の”S”から反時計回りにアルファベットを見ていくと、「S→M→T→W→T→F」の順に並んでいます。「Sunday→Monday→Tuesday→Wednesday→Thursday→Friday」の順です。ということは...。



−答えです。

「?」に適するアルファベットは「S」です。

answer

一週間の曜日は、私たちの日常生活と密接に関係しているのですが、このような問題になるとなかなか気付くことはできません。でも、見た瞬間に気付いてしまう人もいるのでしょうね。問題の出題者としては、「曜日の名前」を考えましたが、もしかしたら他の考え方もあるかもしれません。

(秒刊サンデー:わらびもち