面白いニュースサイト秒刊SUNDAY(びょうかんサンデー)

秒刊SUNDAY | ネットで話題の面白ニュースサイト

面白グッズ

Amazonで何故か「大激怒」している商品があると話題に!

25
人は誰しも何かトラブルを起こされれば、怒り狂い相手に不快感を示すわけではありますが、これは人間だけではありません。動物も同じです。古くから怒りという感情は生物の進化の課程で備わっており、その延長線上に人間が居るわけです。そんな中、何処まで古くまで怒りはあるのでしょう、爬虫類?微生物?植物?いえいえ・・・モノにまで遡るのかもしれません。

続きを読む

「しんぺえするな!」実際に乗れる「筋斗雲」のクッションが本日より発売!ただし飛ばない!

00
筋斗雲といえば、ドラゴンボールや西遊記に登場する主人公が乗っている雲ですが、雲という性質上、心が綺麗でないものは乗れず、そのまま落ちてしまいます。そんな中心が汚くても綺麗でもちゃんと乗れる筋斗雲がバンダイから発売されました。しかもサイズが大きくこれならば安心して実用化できるのかもしれません。

続きを読む

【攻めすぎ】養命酒がまた「養命酒抱きまくら」と「腹巻き」をプレゼントするらしい!

19
養命酒といえば、おじいちゃんおばあちゃんが、滋養強壮のために飲む嗜好品というイメージが強く、若い世代にはあまり馴染みのないものですが、実はここのところ、あの養命酒は割りと攻めた戦略を立てております。特に「プレゼント企画」はもはや老若男女幅広く受け入れられるような商品となっております。

続きを読む

【衝撃】○○とガラスを使って作られた「海の生物」みたいな作品が話題に

7
もしもあなたが『ガラスは単なる日常用品に使われるものだ』と思うなら、考えを改めてしまうような作品がある。この不思議な形をしたガラス製のアートは、イタリアのあるアーティストが生み出した作品だ。彼女の名はダニエラ・フォルティ。彼女が用いるユニークな技術で生み出された作品は、まるでクラゲのようだ。彼女はガラスと『あるもの』を使ってこのような美しいアートを創り出す。

続きを読む

【悲報】プラダ、2万円のクリップを販売しクソリプ浴び炎上!

29

クリップと言えば、書類をまとめておく役立ちの文房具ですが、ちょっとした瞬間にあらら、勝手に外れているじゃん、なんてことはよく有ります。つけるのも簡単、取り外しも簡単、そんな有能なアイテムだからこそ、そんな不具合は解消してほしいわけですが、こちらのクリップはいかがでしょうか。なかなか高級感ありますよ。

続きを読む

【画期的】衝撃の薄さ!斬新過ぎる「ゴム草履」が登場!なんと足に・・・

12
この時期は、海や川など水のある場所で遊泳を楽しむことが多くなりまして、なかなか開放的になる季節でもあります。そうなりますと服装もオープンになるわけですが、こちらのゴム草履はあまりにもオープンすぎるということで話題となっております。ご覧の通り、ほぼ底しか無いという衝撃的なものですが、大丈夫なのでしょうか。

続きを読む

【無慈悲】粛清待ったなし!金正恩パジャマが発売される!インスタ映え凄そう!

28
少し早いですが、今年のハロウィンや年末の余興は何をやりましょう。まあ多くは「アキラ100%」もしくは「サンシャイン池崎」など出落ちな芸が覚えやすく人気なのかもしれません。しかしそんな芸はどこの団体でもおおよそ被ってしまいがちで、面白みはありません。という事でこちらのパジャマはいかがでしょうか。

続きを読む

【そう来たか!】けしからん中国の「ピカチュウ」の充電器がエキセントリック過ぎると話題に!

22
ピカチュウと言えば世界的に人気のポケットモンスターのキャラクターですが、その分怪しげなピカチュウ関連製品も多いのです。特に中国では本当にオフィシャルからの版権を貰っているのかどうか怪しげなものも多く、むしろ「それ公式より面白いじゃん」という製品が多いわけです。という事でこちらの商品はまさにそれです。

続きを読む

【空気読め!】タカラトミー「あずきバー」をかつてない程の切れ味で粉砕するマシンを開発!

takara
世界一硬いと悪名?名高い日本が誇るアイスクリーム「あずきバー」ですが、なんとタカラトミーがあろうことか粉砕してしまうとんでもないマシンを開発してしまったと話題となっております。あずきバーは井村屋の製品であり別のメーカーです。つまりこれはタカラトミーから井村屋への宣戦布告と言っても過言ではないのかもしれません。

続きを読む

【厄介!】数学の方程式を理解していないと「時間」がわからない時計が登場!しかも高い!

3FB07CDF00000578-4456146-image-a-66_1493392788893

毎日時間を調べるには時計を見ますよね、でも子供の頃は時計が今何時を示しているのか、理解するのにとても苦労しました。15時が午後3時、18時が午後6時。今では当たり前の仕組みではありますが、それを理解していない頃はなかなかムズい!と感じておりました。さてそんな頃を思い出す素晴らしい時計が登場しました。

続きを読む

スポンサードリンク
秒刊のRSS
秒刊ソーシャル
記事検索
スポンサードリンク
他サイト記事
お知らせ
秒刊サンデーノマドライター募集
継続的に記事を書ける方募集中です、詳細はリンク先にてご確認ください。
面白ニュースランキングフィードメーター
Amazonライブリンク