crystal-2723145_640
雨降って地固まる、人生万事塞翁が馬、禍を転じて福となす、というように、人生何が起こるかわからないものだ。特に悪い出来事が続いた後に、良い出来事にめぐりあうこともよくある。また、その不運な経験を乗り越えることで新たな発見をすることも。今回は強盗被害にあってしまった博物館がその後、劇的な立ち直りをしたストーリーをご紹介。

―13歳の博物館館長!

13歳のユダは石が大好きだった。

この情熱を他の人にも伝えたい!そう思って、13歳ながら、「石の博物館」を設立。自分が集めた大切な石を展示し、石の魅力を伝えようとしていた。

ある日曜日、ユダが展示室に入ると、すぐに何か起こったことに気が付いた。ドアがこじ開けられており、石が散乱していた。いくつかの高価な石が持ち去れていたのだ。
judah-tyreman-jpeg
その中には3000ドル(約31万円)近くするオーシャンジャスパーと呼ばれる珍しい石も含まれていた。強盗はさらに、博物館の募金箱まで盗んで行った。

ユダはとてもショックを受けたが、すぐにこの窮地を切り抜けようと行動に出た。

「昨日からメールがひっきりなしにくるんだ」

そのメールは皆、ユダをサポートしようというメールだった。アメリカ中から彼をサポートしようと、コンタクトしてきたのだ。もちろん、アメリカだけでなく、カナダの博物館からも、複製を寄付したいと申し出があった。

ユダはさらにクラウドファンディングで寄付を集め、1日で7000ドル(約74万円)も集めた。

「このお金で代わりの石を買おうと思っています。あと、もしできれば、いつか、ビルを買おうと思っています」

ユダは前々から博物館を拡大したいと考えていた。石だけでなく、化石や恐竜の骨、隕石などを集めて展示を拡大したいと思っていたのだ。さらにすごいのは、博物館経営を自分自身で行っているということ。親からの援助を受けないという方針で行っている。

その上、クラウドファンディングで集めた資金の10パーセントはアフリカの孤児へ寄付したという。

もちろん強盗にあって、彼のお気に入りの石を失ってしまった悲しみを経験した。しかし、今回彼はそんな酷い出来事も、多くの人達の親切によって、塗り替えられた。

13歳で館長というのもかなり驚きだが、彼のたくましさには感心する。

今ユダは悲しむのではなく、その石たちがきっと戻ってきてくれると信じている。

―海外の反応

・いったいどんな奴が石を盗んでいくっていうんだろう、どんな価値があるの?
・石、といっても宝石のようなものも含んでいるんだと思う。
・俺の兄は石(原石等も含めて)を売る商売をしているよ。意外にこのマーケットは大きくて、沢山の人が珍しい石を欲しがっているんだ。
・全部自分でやってるってところがすごい。
・たぶん小さな棚何段かの展示なんだろうけれど、それにしてもこの子は素晴らしい。
・地質学者の立場から言わせてもらえば、この子が可哀そう。何か送りたい。
・やっぱり別の子供が盗んだのかな?
・石を盗むってひどい。

劇的な展開といえば

こちらの犬に秘められた衝撃的な力にも

ある意味感動と衝撃を覚えました。


掲載元
https://www.reddit.com/r/UpliftingNews/comments/85l7lw/thirteenyear_olds_public_rock_museum_was_robbed/
(秒刊サンデー:南ロココ