MORIMG_3173_TP_V
昔バラエティー番組で「飼い主が倒れた時助けを呼べる犬はいるか」というたぐいの実験をしていた。実験の対象が雑種だったからかもしれないが、ほとんどの場合、飼い主の希望に反して助けを呼んできてはくれない。主人の危険を察知して、誰かを呼びに行ってくれたり、「ここに何かあるよ」と教えてくれるような犬は物語の中だけなのか?いや、実際にそんな犬がいた!そんな賢すぎる犬をご紹介!

―行方不明になってから15時間以上が経過

オーストラリアで3歳の少女、アウローラがいなくなり、捜索願いが出されたのは、金曜日の午後3時ごろだった。

彼女は1人で家をふらりとでかけて、そのままどこかへいなくなってしまった。

捜索は森の中や空き家など雨が降る中行われたが、行き先の手がかりをつかむことができなかった。

土曜日の朝、100名以上のボランティアやレスキュー隊や警察官などがさらに捜索を始めていた。そこで最初に発見されたのは、オーストラリアン・キャトル・ドッグ、別名ブルーヒーラーのマックスだった。

ブルーヒーラーはもともと放牧犬として飼われていることが多く、筋肉質で体ががっしりとして、飼い主以外の人になかなか懐かない犬だ。

MORIMG_3173_TP_V
※画像はイメージです

アウローラ―の祖母、ケリーが最初にマックスを見つけた。

「マックスがアウローラの元へ案内してくれたんです」

家の周りは山が多く、なかなか小さな女の子が1人で歩くのには大変だ。

アウローラはおそらく随分と遠くまで歩いてきたんだろう。そしてマックスは彼女と一緒に来たに違いない。

山坂があるため、捜索も難航していた。そんな中、祖母のケリーが大きな声でアウローラの名を呼びながら捜索をしていると、小さく「おばあちゃん…」と叫んだ声が聞こえたような気がした。その後すぐに犬の吠える声が聞こえた。

そしてマックスが現れ、アウローラの場所へまっすぐ連れて行ってくれたのだ。

マックスは17歳、耳が悪く目もあまり良くない。こんな状況で、マックスは一晩中アウローラの傍にいた。

見つかったアウローラは犬の臭いが体に染みついていた。一緒に眠ったんだろう。

祖母のケリーはアウローラを見つけた時、あまりの嬉しさに涙が止まらなかった。驚くアウローラに「これは嬉しい涙なのよ」と泣きながら言った。

「昨晩の天候の中、アウローラが生きて見つかったというのは、とても運が良かった。昨日はとても寒くて雨が降っていました。おそらく犬が一緒でなければ…」ケリーはまた涙ぐんだ。

アウローラが見つかり、捜索に加わった人々もみんな喜んだ。中には遠い町から参加している人もいて、とにかく元気に家族に会えたことを喜んだ。

この賢すぎる犬のマックスは、その素晴らしい行動を称賛され、名誉警察犬となった。

―海外の反応
・ 耳が悪くて目が良く見えないってホント?マジでマックスに何かいい食事やおやつでもあげてほしい。
・ 17歳だから、しょうがない。
・ 年寄犬だから、そんなにおやつとかいらない。
・ 賢すぎる!
・ 同じような経験ある。物凄い田舎で育ったから、友達と森の中で道に迷って2時間彷徨った挙句、うちのラブラドールがふらりと現れて、「ねえ、そんなところでどうしたの?」って感じで。俺は犬に「家に帰る時間だよ」って行ったら歩き出して、ついて行ったら、すぐに元の道に戻れた。
・ とにかくいっぱい褒めてあげて、撫でてあげて!
・ 犬ってそんな能力あるの?
・ 私もこういう体験ある。2歳か3歳の時、母親がドアを閉め忘れて、なんとなく外にでてフラフラしてた。その時なぜかうちの犬も一緒についてきて、結局2時間後、町ではすごい事件になっていて、4時間後見つけられたけど、うちの犬はずっと一緒にいてくれた。今でも忘れられない。
・ 犬ってほんとすごい。
画像掲載元:ぱくたそ

掲載元https://www.reddit.com/r/UpliftingNews/comments/8dssea/missing_3_yo_found_safe_next_morning_with/
(秒刊サンデー:南ロココ)