写真 2017-09-17 13 10 07
コストコと言えば大量の商品と、そして格安のグルメが楽しめるというイメージが強いわけですが、その中でも最もコストパフォーマンスが優れていると話題となっているのが、現地で食べられる「ホットドッグ」でございます。ただし、ちょっとやり方を間違えると残念な結果となってしまうということにもなりますので注意が必要です。

costo
 ということで再びコストコに行ってまいりました。この日は3連休ということも有り、非常に混雑しており、駐車場に入るための渋滞も出来ているほどの大盛況でした。恐らく駐車場に停めるのに一苦労しているのではないかと思われます。近隣に住む方々はココぞとばかり歩いて行けばいいのでラッキーだったのかもしれませんね。

さらに、入場するのにも並んで入るという状況では有りましたので、かなり混雑していたのではないかと思われます。

写真 2017-09-08 11 04 36

さて、実はコストコにはフードコートがあります。ドリンクやホットドッグ、チュロス、ピザなんかも売られております。ただし、大体混雑しているので、イオンのようなゆったり座れるといった「ゆとりある」座席は期待しないほうがいいのかもしれません。プールサイドのベンチ的なものが置いてあるという感じです。

ということで早速頼んだのが「クォーターパウンドホットドッグ」180円。

写真 2017-09-17 12 59 06
アルミホイルに巻かれてこのようにでてきます。
ソーセージとパンしかないので、自前でオニオン・キャベツ・レリッシュ・ケチャップ・マスタードなどをかけます。(かけ放題)

写真 2017-09-08 11 17 47
あまりかけすぎると痛い思いをします。

写真 2017-09-17 13 10 07
こんな感じでグッチャグチャになるわけですが、ただ180円でこのボリュームは嬉しいわけです。ということで、好き放題かけてしまいます。(ドリンクも飲み放題)

それが後ほど、後悔します
なぜなら、かけたトッピングがボロボロと落ちて、とにかくオニオンがこぼれ落ちたり、ソースが口の周りについたり大変なことになります。

さらに、ナプキンも無いので結構顔が散々なことになります。
さて、気になるお味の方ですが・・・

なんとも、海外の味がします。
美味しいかと言われれば、微妙なのかもしれませんが、180円であれば文句はないのかもしれません。恐らくトッピングの何かが、我々のよく知るホットドッグとは違う味を奏でているのかもしれません

コストコには様々な謎商品が売られております。

ということで、コストコに行ったら、味はさておきコスパの優れている「ホットドッグ」を食べてみる価値はあるかと思います。

※ドリンク飲み放題なので、今までファミレスでやっていたちょっとしたミーティングにいいかもしれませんね。

(秒刊サンデー:ユカワ)