1

ポッカサッポロが、3月26日に「ジェリーツ」という名前のコーヒーゼリーを発売しました。コンビニの中を歩いていると、見慣れない缶が視野の中に入ってきました。実際にはどうかわかりませんが、缶に印刷されているコーヒーゼリーの画像はあまりにもおいしそうで、すぐにでも飲んでみたくなります。それはもう試してみるしかありません。

2

缶のふたには、このコーヒーゼリーの飲み方が書かれています。7回以上縦に振ってから飲むようにと書かれています。ただ飲むだけではなく、こんな風にひとくふうされたものを飲んでみるのは、なんだかワクワクします。7回以上振ってくださいと書かれていたので、14回振って、コップに注いでみました。


−14回は振りすぎでした

コップの中に出てきたコーヒーゼリーは、缶に印刷されていた画像とは違っていました。ちょっと振りすぎたようです。振る回数はもう少し少ない方が良いかもしれません。

4




上から見ると、缶を振りすぎてしっまたことがよくわかります。しかし、ゼリーの全部が細かくなってしまったのかというと、そうでもないようで、スプーンで混ぜてみると大きいゼリーもありました。

3




このくらいの大きさのゼリーがまだ残っていました。スプーンにのせようとするのですが、つるんとすべって落ちてしまいます。つまり、ゼリーはプルンプルンです。

6






−早速飲んでみると

コーヒーゼリーとミルク感たっぷりのソースがうまく混ざり合って、口の中にスルーッと入ってきます。最後まで一気に飲んでしまえるくらいのスッキリとした甘さです。ゼリー自体は、ゼラチンの優しい柔らかさがあって、口の中で存在感を主張しています。缶を振る回数を減らすと、もっと口の中での存在感が増すと思いました。

5



当たり前ですが、缶の中がどのようになっているのかはわかりません。しかし、ポッカサッポロのウエブページで中身の様子を教えてくれる画像を見つけてしまいました。
7
缶の中身はこんな風になっているようです。ゼリーは、こんなに大きなかたまりで入っているのですね。缶を振る回数を調節することにより、ゼリーを、自分の好みの大きさにできるのではないでしょうか。

この画像の掲載元は、https://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/180314_01.html です。


皆さんはこのコーヒーゼリーを飲んでみたいと思いますか。ライターは、もう一度買ってみようと思います。そして今度は、いちども振らないでコップに注いで”食べて”見たいと思います。


(秒刊サンデー:わらびもち