DSC_0121
東京に出張に行く際はホテルを押さえておきたいところですが、やはり価格も高く平日でも1万円ぐらいはザラに行ってしまいます。そんな高いコストを掛けて、部屋に入って寝るだけというつまらない休息を取るのであれば、どうせならば楽しくそして安く過ごしたい。と言うことで今回はこちらの「安心お宿」に行ってきました。


ー バリ風のスタイル

DSC_0120
店内はバリ風スタイルで、所々にバリの小物などが置かれたり、BGMがバリ風のものが流れていたりと、まさに安らげる空間であったりします。基本的に茶色ベースの店内なので、かなりリラックスはできるわけですが、カプセルホテルという特質上当然他の客とスペースを共有したりするという点は、プライベート感がないのは否めません。

55
料金表はこんな感じです。
4180円〜エコノミーで宿泊できます。

VIPはベッドの質感が異なりますが、広差は同じです。
ということで早速フロアーへ。バーコードの付いたカードキーで部屋の中に入ります。セキュリティーはそれだけなので各自で貴重品は管理。

DSC_0119
洗面台。
ひげそりやクリーム等は用意されているので手ぶらでもいい。


DSC_0116

そしてこちらがカプセルホテルの中。広くもないし狭くもない。スーツケースは中に入れることが出来る広さです。セキュリティーに気にしなければ、ロッカーにわざわざ取りに行く必要はないです。

DSC_0118
充電器・テレビ・電源等があり、俺の城感はあります。

また人工温泉アキバの湯というお風呂もあるので、そこで疲れを癒やすことも出来ます。温泉があるというのはポイント高い。

もちろんいい点ばかりではなく悪い点もあります。

・ロッカーが狭い
・カプセルホテルなので他の客が気になる
・温泉のロッカーが殆ど入らない
・フロアの移動が面倒

特にこれは問題なのは、このカプセルホテルの問題ではないのかもしれませんが、客がカプセル内で「電子タバコ」を吸っているようで、その臭いがキツかった。もちろんカプセル内では火気厳禁ですので、タバコは言語道断なのですが、電子タバコならば火災報知器が反応しないのでしょうか。

ということで、温泉に入れる・バリ風を楽しみたいという方にはオススメの「安心お宿」です。

安心お宿
https://www.anshin-oyado.jp/a

(秒刊サンデー:湯川のおっさん)