面白いニュースサイト秒刊SUNDAY(びょうかんサンデー)

秒刊SUNDAY | 面白いネットニュースサイト

エンタメ

自己防衛おじさん、やっぱり「イケメン」だったことが判明!

kuni
国なんか当てにしちゃダメ!自己防衛!などのセリフで一躍時の人となってしまった「自己防衛おじさん」ですが、彼はどうやら占い師「鉄平さん」であることが明らかになりました。そして今回そんな鉄平さんが公開した「ローソンコラボ」という投稿が、あまりにもイケメンすぎると話題となっております。やはり今後は俳優業も見据えたほうがいいのではないでしょうか。

続きを読む

小室哲哉が引退撤回!?ネットでは小室哲哉復活したのではと大喜び

12
今年の1月に引退を発表した小室哲哉さん。そして今年の9月には小室ファミリーである「安室奈美恵」も引退してしまい、この業界がますます縮小するのではないかと懸念されております。かつて90年代一世を風靡した小室ファミリーが再び輝きを取り戻すことがもう無いのかもしれませんが、ここに来て「一筋の光」が見えました。

続きを読む

美人リップモデル「ソーニャ」ちゃんの顔面偏差値高すぎと話題に

09
世の中には様々なモデルさんがおります。ファッションモデル、ヘアーモデル、足や手のパーツモデル、などなど様々です。共通して言えることは、我々よりも遥かに秀でた何かを持っているからこそモデルとして仕事ができるわけで、当然誰もが認める「美しさ」であることは言うまでもありません。さてこちらはそんな中の「リップモデル」です。

続きを読む

涙なしでは見れない!生駒里奈の乃木坂46卒業コンサートが感動的すぎる!

sub5
坂道グループの先駆け的存在で、乃木坂46の絶対的センターとしても活躍していた生駒里菜の卒業コンサートが2018年4月22日に行われました。今回で4回目となる日本武道館での乃木坂46単独ライブですが、チケットの倍率がなんと30倍にもなるプレミアムチケット!惜しまれつつも卒業をする生駒里菜の最後の勇士を見るために、芸能人も多数コンサート会場に訪れたようです!

続きを読む

これぞリアル春麗!筋肉アイドルの才木玲佳コスプレの完成度高すぎると話題に

17
コスプレと言えば、いかに衣装にこだわるか、そしてキャラクターになりきるか。その辺のスキル・技術が求められる特技ではあるのですが、実はもう一つ持っておいたほうが良いものが有るようです。それは、いかにキャラクターに忠実な体系・顔立ちをしているか。つまりそっくりかどうかです。そんな中こちらの方がまさにソレでした。

続きを読む

羽生結弦選手の祝賀パレード終了→驚愕の事態にボランティアスタッフ感動。

IMAG6633
平昌オリンピックで2連続金メダルを獲得した男子フィギュアスケートの羽生結弦選手。2018年4月22日に地元仙台市で祝賀パレードが行われ、多くのファンが生の羽生結弦選手を一目見ようと遠方から駆けつけました。人が多く集まると気になるのがゴミ問題。10万人以上が訪れた仙台市ですが、羽生結弦ファンの秩序ある行動は思わず世界に誇りたくなってしまうほどです。

続きを読む

当記事は削除しました。

当記事に掲載された人物は「あばれる君」ではございませんでした。

この度は、勘違いをさせてしまい「あばれる君」「ゆりやんレトリィバァ」さん並びに御覧頂いている皆様に深くお詫び申し上げます。

※追記:該当インスタにあるハッシュタグ「#アキナ山名」との記載もございますが、アキナの山名さん(御本人ツイッター)いわく、アキナの山名さんでもないとのことです。

中国トップ美女「ディリロバ様」の女王様感がハンパないと話題に

23
どこの国にも美人と呼ばれる人は居るわけですが、日本でも多くの美人が芸能界で活躍されております。とはいえ、美人の定義が人それぞれですので、一概にすべての人が美人だと思う人は居るわけはないのですが、今回話題となっております方は、なんと中国で最も美しいとされる女性で、しかも女王様のような印象があるというのです。

続きを読む

メンツ神過ぎ!総理官邸のインスタ「エンタメ性」高すぎると話題に

11
北朝鮮問題だけでなく、国内でも様々な疑惑に追われております現在の総理「安倍首相」ですが、今後一体この危機をどのように乗り越えるのか、まさに今の日本が置かれている状況を象徴するような事態となっているわけではありますが、これをうまく乗り切ってこそ真の総理大臣と言えるのかもしれません。そんな中こちらの写真が凄いのです。

続きを読む

ホリケン顔色悪すぎ!くっきーの「ネプチューン」顔白塗りモノマネが似すぎてヤバいと話題に

hori
野性爆弾「くっきー」の白塗りモノマネが最近ブレイクしまくり、最近でテレビでも多く見かけるようになってきました。単発ネタと違い、芸能人をそれぞれモノマネしていくというスタイルは汎用性が高く、息切れしないわけで、まだまだ開拓の余地はあります。そんな中、こちらのモノマネがまたそっくりと話題です。

続きを読む

スポンサードリンク
Amazonライブリンク
スポンサードリンク
記事検索