ch53
沖縄の米軍基地問題、度々米軍による不祥事や米軍機の度々問題が起こりますが、本日2017年10月11日午後5時半すぎ、沖縄県東村でアメリカ軍の輸送ヘリが炎上する事態となりました。沖縄へ修学旅行に来ていた学生が現場を目の当たりにし、SNSにアップしました。乗員七人は無事脱出し、怪我人はいない模様です。

11日午後5時半すぎ、沖縄県東村高江地区にアメリカ軍のものとみられるヘリコプターが炎上し、黒煙が上がっているとの通報が寄せられました。

防衛省によると、炎上したのは、アメリカ軍の輸送ヘリ「CH53」だということです。
アメリカ軍関係者によると、ヘリコプターは普天間基地所属で東村高江の北部訓練場の付近で、不時着したという情報が入っているようです。

けが人はいないものの、機体が燃え黒煙を発している様子が伺えます。

沖縄に修学旅行へ来ていた学生がこの現場を目の当たりにしツイートしました。

着陸時に炎上した米軍ヘリですが、このツイートも炎上する事態となっています。 乗員七人は無事脱出し、住民にもけが人がいないと言うことですが続報が待たれます。


ヘリと言えば神田うのがとある目的で使い問題となりましたが


実用的であれば何よりだとは思いますね。

画像掲載元 Wikipedia

(秒刊サンデー:マギー