31
ヘイトスピーチによってまとめサイト大手の「保守速報」が大阪地裁で裁判を受け判決の結果200万円の賠償請求が下ったということです。企業ではなく個人のサイトが訴えられるという異例の事態にまとめサイト管理人は困惑しております。今後は対個人でも同様の動きが加速するのかもしれません。


起訴内容によりますと在日朝鮮人でフリーライター「李信恵」さんが民族差別などで名誉を傷つけられたとして、損害賠償を大阪地裁に起こしたということです。訴えられたのはまとめサイト「保守速報」の運営者ほか、数名だということです。

そして本日「C.R.A.C.」という団体が、判決結果の末勝利し200万円の損害賠償を命じたとツイッターで報告しております。

保守速報とは、5ちゃんねるなどのスレッドを紹介するまとめサイトで、現在このサイトの他に無数のまとめサイトが存在します。従って今回の騒動はなにも「保守速報」だけの問題に限らず、まとめサイト全般の問題とも言えるはずです。

ソースは5ちゃんねるのコメントであるがゆえ、同じようにまとめているサイトは、これを機に一斉に訴えが加速する可能性もあります。もちろん単純にコピペであればそれはただの第三者の意見であり、何ら差別ではなく問題はないはずですが、今回は事情が異なるようです。

度重なる炎上を繰り返しすつつも、なお生き残る「まとめサイト」
今後まとめサイトはどうなってしまうのでしょうか。


画像掲載元:保守速報

(秒刊サンデー:たまちゃん


※一部、文章誤記を修正致しました