PAK85_berandatabakosuuookawa_TP_V
喫煙者にとって最近の世の中は更に肩身の狭い状況です。ファミレスでも分煙が進み、とうとうタバコ自体が吸えないなんて店も当たり前のように出てきました。喫煙者は必然的に外の喫煙スペースを使うしか無いのですが、今回それを上回る対策が奈良で施行されようとしております。なんと、喫煙者はエレベータ使えずなのです。


報道によりますと、奈良の生駒の職員は喫煙後45分間エレベーターが使えないということです。これは受動喫煙の対策ということですが、タバコを吸った人は喫煙後も45分間は体内から有害物質が出続けるという産業医科大学の大和浩教授の研究結果に基づき、今回の対策を行ったということです。

非喫煙者は、この有害物質の影響を受けることにより健康被害が発生してしまうため、今後この対策が進めば、安全で健康的な生活を送れるのでしょう。

この流れがほかの行政でも導入される可能性もありそうです。
またモスバーガーは店内を全面禁煙に。
上記の「有害物質」の話もそうですが、健康被害を受けてまで外食をするというのは、非喫煙者にとってはウレシイことではないので、今回の全面禁煙も、顧客回復のために納得できることなのかもしれません。

ネットでは「喘息だからリアルにウレシイ」「素晴らしい対策だ」「他の子でも導入して欲しい」という声もある中「これは差別だ」という否定的な意見もあるようです。

はたしてこの「禁煙」の流れ今後更に拡大していくのでしょうか。

 (秒刊サンデー:たまちゃん