秒刊SUNDAY | ネットで話題の面白ニュースサイト

2012年11月

坂本龍一氏JR西日本にクレーム『いい日旅立ちは苦痛』

saaka

作曲家でありミュージシャンとして知られている坂本龍一氏が、JR西日本に対して苦言を呈していることがネットで話題になっている。問題の発言は、ご自身のTwitterで『新幹線のぞみの案内ミュージックは「いい日旅立ち」なのはなぜなのか』という問いに対して「あれはない・苦痛だ」とツイートしていることが話題となっている。

続きを読む

『女子高生』の概念を覆すとんでもない女子高生が居たとネットで話題に

jk

Twitterでは様々な凄い人間が数多く報告されておりますが、日本国内だけでも数えきれないほどおります。その中でも、今回は3本の指に入るほどのとんでもない女子高生がいるというのです。さて写真を見る限り、何処にでもいるような、普通の女子高生のように見えますが、もう少し画像を上にスライドしていくと必ず皆様「!?」と頭に浮かぶでしょう。

続きを読む

スマホに夢中のダメ親続出!子供の危険行為に気づかず病院送りが多発!

es_0407_SMARTPHONE_PKG_new_480x360

ここ数年でスマートフォンの普及により私たちの生活はガラリと変わったのは言うまでもありません。日本では俗にいう「3Gガラパゴス携帯」が随分昔から普及しており スマートフォン導入もそれほど衝撃的な変化ではなかったのかもしれません。しかし世界レベルではスマートフォンが発売するまでは極当たり前に2Gが主流。着信音もノスタルジックに機械音丸出し インターネットなんて夢のまた夢が現状でした。そんな状況からのスマートフォン。大人から子供まで夢中になるのもおかしくはないのですが スマートフォンのデビューと子供の公園での怪我が関係しているという統計が出たというのだから いったい何が関係しているのか?

続きを読む

真面目な話実際に「ステマ」をやるとどれぐらい費用がかかるのか

a1180_005342

流行語にノミネートされるほど、今年は「ステマ」という言葉が連発されました。と同時に何かにつけて「ステマ」と揶揄され、広告業界の間でも頭を悩ませる風潮になりつつあり、真面目な番組や記事も次第にステマではないかと疑われてしまうような傾向になりつつあります。さて、実際に「ステマ」を行う為にはどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。ざっくりと調べてみた。

続きを読む

ファミマのチーズを使った商品の名が秀逸だと話題に

cheez

ファミリーマートの話題が尽きない今月ですが、また新たにチーズを利用した商品の川柳が秀逸だと話題になっている。ただし、意図的にそうしたのではなく気付いたら川柳になっていたようだ。ではどの部分が川柳となっているのか、実際にその商品を確認していただきたいのだが、何処にも川柳など見当たらない。これは単なるデマかと思いきや意外な個所に川柳は存在した。

続きを読む

「箸の持ち方が悪い人」と「クチャラー」。許せないのはどっち?

kutya01

日々の生活において、その人となりを判断される基準の1つでもあるマナー。人との接し方や立ち居振る舞い・空気の読み方のみならず、食事中の態度も大事なポイント。食事中の迷い箸や舐り箸、口にものが入ったまま話をしたり口がいっぱいになるほどモノを頬張ったりと、人に不快感を与えてしまうことはいくつもありますが、やはり一番気になるのは箸の持ち方と食べるときの咀嚼音ではないでしょうか。そんな、「箸の持ち方が悪い人」と音をたてて食べる「クチャラー」のどちらが許せないか、という問いかけが、巨大掲示板サイト『2ちゃんねる』で話題となっていました。

続きを読む

3億の脱税者まで出した「自動売買ソフト」は本当に儲かるのか。

3ok

ここ最近、ウェブを利用して飯を食っているなどという景気のいい話がチラホラ話題になっております。たとえば2ちゃんねるまとめサイトにアフィリエイト広告を出して利益を出す、もしくはWEBのノウハウをまとめて購読者を増やし、本などの商品購入を煽る。しかしそこまで売り上げを出すには人気サイトを作らなくてはいけないので、時間もかかる。そこでにわかに話題になっているのがFXで利益を出すやり方だ。上の画像は読売新聞の記事だが、FXで“ある方法”を用いて、わずか2年で3億円を稼いだ男がいたという。男は、儲けを溜め込んで、脱税で捕まったというが……。

続きを読む

福島のゆるキャラがじわじわくるとTwitterで話題に

fwefef


先日行われたゆるキャラグランプリ2012で見事優勝したのは愛媛県の「いまばりゆるきゃら バリィさん」だった。確かにかわいくゆるキャラに相応しいキャラクターだが、反面日の目を浴びない実に800以上のキャラクターが表に出ることなく、細々とランキングに入っていることをご存じだろうか。その中で話題なのは福島県のキャラクター「たかまるクン」だ。あまりの知名度の低さに県民でも知らないという。

続きを読む

あまりに斬新過ぎる。10000枚の裸写真から創った作品がダイナミック過ぎる!

article-2236649-1627C478000005DC-177_634x621

一 体これはなんなのか・・・?!暗闇に映えるその「何か」。正体は不明もエネルギーに満ち溢れ 心を奪われてしまうこの芸術作品。じっくり観察しなければこ の作品は何から作られているか分かりにくいが・・・。今ニューヨークで話題になっているこの作品のタイトルはズバリ「Nude 裸」。裸のモデルをカメラの前で踊ってもらい創作したという 日本人のクリエーターの作品をご紹介。

続きを読む

死ぬ前に通りたいジブリの世界のような『愛のトンネル』が驚愕の美しさ

愛

ジブリの世界か、おとぎ話の世界かと言った感じの非常に美しく吸い込まれていきそうなこちらのトンネルは、ウクライナのクレベンにある通称「愛のトンネル」と呼ばれる場所。なぜ愛のトンネルなのかは後述するとして、緑色のさわやかな木々に囲まれた不思議なこの空間の神秘性は異常。いつトトロや妖精が出てきてもおかしくないものだ。

続きを読む

スポンサードリンク
秒刊のRSS
秒刊ソーシャル
スポンサードリンク
他サイト記事
お知らせ
秒刊サンデーノマドライター募集
継続的に記事を書ける方募集中です、詳細はリンク先にてご確認ください。
Amazonライブリンク