Urn-Ashtray-1

人はいつか死に、灰になるわけで、日本では、火葬が最もメジャーな埋葬方法。その際に使われる骨壷は、誰でも同じような、シンプルなものです。しかしこちらの骨壷はかなりシャレがきいています。とはいえ、逆にこれを使われたら、実に腹立たしいものです。ちなみに肺癌患者用です。


肺癌患者用の骨壷

Urn-Ashtray-2

死人に口なしといいますが、これはひどい。
この骨壷は、骨や肺を入れるだけではなく、灰皿としても使えます。
灰皿の灰と、人の灰と、死んでも煙草を楽しめるというグッズ。

肺がん患者が死んだらこれで埋葬してあげようというものなのだろうか。
恐ろしいことだ

値段は12ドルということで、1000円弱。
煙草が好きで、病気になっても吸い続けるぞ!という強気な人にどうでしょうか。もちろん、本人の承諾を得てから。


販売元サイト
http://www.suck.uk.com/product.php?rangeID=150