yuzen

お寺のホームページにあろうことか、アスキーアートを貼り付け2ちゃんねるなどのネット住人などに取りざたされ話題となった『築地本願寺』。なんと犯人はお寺の住職だった。だがここの住職ただものではない。なんとTwitter上で常につぶやいており、多くのユーザとコミニュケーションを図っている。まさにソーシャル説法。ハイテクすぎる
この住職に早速Twitterでインタビューを試みた。

sause

この問題は『築地本願寺』のサイト内に、お坊さんが拝んでいるというアスキーアートが
HTML内に仕込んであることが発覚しネットで話題となった

当サイトでも2月26日にとりあげ、また他のサイトでも多く取り上げられているのが確認
された

その後、どうやら真犯人である築地本願寺の住職『裕善』さんがTwitter上で
『悪戯がばれた(笑)』とつぶやき犯行を認めている事が確認された。

今回はそんな『裕善』さんに直接ではなくTwitter上で話を聞いてみた。


--Twtterでのインタビュー

湯川: 「面白いアスキーアートをしかけておりますが、まだ他にも仕掛けてあるのでしょうか?」
裕善: 『ひ・み・つ。って仕掛けるのが本業ではないので。』


住職らしからぬ、愉快な返事が返ってきた…。


湯川: 「発覚後アクセスは増えましたか?」
裕善: 「お陰様でアクセスはアップしました。ま、一過性のものでしょうが(笑)」


随分現実を見据えた解釈。これはネット歴が長そうだ。


湯川: 「何処からのアクセスが多かったのですか?」
裕善: 「ハム速さんやgoogleさんからが多かったです。」

アクセス解析もしているとは、やはりこの住職只者ではない。
しかもコピペブログの略称まで使ってくるとは、住職でかつ、2ちゃんねる歴の長い
ユーザなのかもしれない・・・ということで・・・

湯川: 「住職でもコピペブログ見るのですか?」
裕善: 「たまーにです。」

…いや結構見ていそうだね。
最後に気になっていたのだが、これだけは聞いておきたかった

jyusyoku


湯川: 住職のAAと言えば『ジュウシマツ住職 』ですが、こちらのほうがよかったのでは?
裕善: クビ決定(笑)かなりのドMでもひくぐらいの、やらないか。

さすがにそうだ。お坊さんが拝んでいるAAであれば和むが、
ジュウシマツではそういうわけにはいかない。
その辺のリテラシーはしっかりと守られたお坊さんだ。
だからこそ、HTMLの中にお茶目な仕掛けを仕込むという不意打ちが実現できたのかもしれない。
ちなみに、彼はTwitterのほかに、Facebookまで活用しており、そこでは顔写真を公開している。
そこには確かに、誰が見ても住職の顔を持った『裕善』さんがおり妙な安心感を得た。

さて皆様も、彼に興味がわいたということであれば是非声をかけ
Twitter上でソーシャル説法を受けてみてはどうか

裕善さんのTwitter
裕善 (ssh_yuzen) on Twitter


【関連記事】
止まらぬ暴走サイト『愛の妖精ぷりんてぃん』驚愕の素顔をインタビュー!
『オトコの娘』ってナニ?人気女装師『ノトフ』さんに聞くオトコの娘の定義
海物語のマリンちゃんの中の人『葉月ゆら』さんに聞くネット音楽活動の未来