1124569_baby

聞いた噂などで、赤ちゃんが生まれる前の記憶を思い出したり、突然母親に語ったりするなんて話をよく耳にするが、あながち根拠が無いわけではなさそうです。今回の実験で赤ちゃんが、生まれる前母親の胎内で聞いた音楽を覚えている可能性が高いという研究結果が発表されました。赤ちゃんは生まれる前どんな仕組みで覚えているというのか。

article-0-02EB87E000000578-829_233x423

パリデカルト大学の研究者は、赤ちゃんが生まれるまえに、音楽を覚えているという可能性が高いという
研究結果を発表しました。

研究者は、赤ちゃんが生まれる3週間前に、音楽を演奏し、生まれてから1ヵ月後に同じ音楽を聞かせ
テストしました。

しかし、生まれてから1か月の赤ちゃんが、『あーおぼえてるわ』
なんて言うはずもないのにどのようにテストしたのでしょうか。

それは、赤ちゃんの心拍数を測って確認したというのです。
それによると、ある曲目を聞かせたところ、心拍数が急激に減速したといいます。
心拍数が減速するということは、その音楽に注意深く聞いているという事が言えるというのです。
その音楽こそが、生まれる前に聞かせた曲だという。

テストは50人の妊婦で実施し、どの赤ちゃんも聞いたことがある曲について
心拍数が平均して低下したといいます。

生まれる前の記憶があるなんて、到底信じられないことですが
もしかしたら今回の研究結果で、赤ちゃんはかなりの確率で生まれる前の事を
覚えているのかもしれません。
従って、生まれる前に声をかけたり音楽を聞かせるというのは、胎教によいと言えます。

でも、なぜ忘れてしまうのでしょうか。

記憶の片隅には残ってふとした瞬間に思い出すのかもしれないと思うと
ちょっと神秘的ですね。

ライター:ユカワ


【詳細はこちら】

Unborn babies played music in the womb 'remember the melodies when they are born'

楽天SocialNewsに投稿!

秒刊BANK

サイトで紹介した商品をここで紹介します!

花粉症対策!大丈夫?

    面白ニュース秒刊サンデーとっぷへ
    ライタ募集―

    コメントをお寄せください。

    名前
    メール
    絵文字