fukushima

東北地方太平洋沖地震では電話・ラジオ・テレビなどのライフラインが繋がらない半面Twitter等での情報交換が盛んになってきている。しかし半面、その膨大な情報量の中には嘘の情報、つまり『デマ』も存在することを忘れてはならない。善意の為に動いた結果デマであったり、デマの情報を真に受け、不安になったりするユーザも多い。今回はTwitterで流れている怪しいデマ情報をまとめたので今後の情報整理に役立ててほしい。

dema

メディアでは、デマに注意!と盛んに警告しているが、そもそも『どれがデマ』なのかは見当が
つきにくいものが多い。
また、デマかもしれないし、本当かもしれないという理由でとりあえずリツイートしてしまうユーザも
多いはずで、結局デマを流布していることになり、やるせない気持ちだ。

ということで、現在デマではないかと言われている情報をまとめてみました。
基本的に、明日XXXに巨大地震が来るというのは根拠のない話であり、定番のデマ
また、物が無くなる、事件が多発する等の煽りにも注意したい。


【現在のデマ情報例】

・関東に夜中大きい地震がくる

・富山県内で13日大地震が発生する

・(被災地から凄い遠い地域で)大津波が来るから逃げろ!

只今、近畿のプレートが小さくなっている模様。次は近畿に大きな地震が起きる可能性が非常に大きいので明日、明後日は注意してください。

・阪神大震災の際ははじめの地震から三時間後に一番強い地震がきた

・「阪神大震災の際には女性暴行が増えた」

・「地震が起きた時、社内サーバールームにいたのだが、ラックが倒壊した。
腹部を潰され、血が流れている。痛い、誰か助けてくれ。」
(→元ドワンゴ社員によるデマ)

・ コスモ石油の爆発による有害物質流出
(→その事実はないと発表)

・福島原発「メルトダウン」まで秒読み
(→デマではなく海外メディアが騒いでいた模様) 

※18:00分に原子力安全保安員より記者会見の模様。
※こちらの情報はテレビ等最新情報を必ず取得してください。
※20:30分:総理大臣記者会見。
※20:40分:枝野氏 格納容器は無事ということ。


・海藻をたべろ!わかめをたべろ!
(→放射能漏れ系の事故後は定番のチェーンメール。食べること事態は無害なのですが・・・。)


・放射能汚染地域は300キロ系
(→関東も範囲に入れたい気持ちは分かりますが、冷静に)


・放射能の雨が降る(13日23:00追記)

参考:津田氏のツイート
@tsuda: 原子力安全システム研究所技術システム研究所所長の三島さんによれば「原発近辺に放射
性物質が漏れている状況で雨が降り、それが身体に付着すると危険性は高まるが、雨が降った場合むしろ範囲は狭まるので一部ツイッターで流れている200〜300km範囲で危なくなるといったことはない」とのこと。


・関西電力等、節電を呼びかけるチェーンメール(13日22:00追記)
(→今回の震災復旧に際して、当社名でお客さまに節電に関するチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。ということです。HPより。)


ちょwwwこれwww ・・・等URLで誘導
(→URLが記載され、怪しいサイトに誘導:スパム)

・著名人のIDいれて成り済ましマルチポスト

(→きっこさん等有名人のIDをいれて成り済ましてマルチポストを行うユーザもいる)

・偽YAHOOボランティアによる振込み依頼
(14日14:00追記)
(メール等の勧誘はしていないとのことです。詳しくは公式サイトを見ること)


※随時追加します情報提供ください。


さて、このようなデマに惑わされない為にはどうするのがよいのか。
最も不安な方は今すぐネットを遮断してTwitterを辞め、テレビラジオなど、
精査された情報を得る事が大事だ。(ネットを否定しているわけではなく)

だが、現実的にネットの情報の中にはもちろん有力な情報もあるため遮断することは難しい。
その中でTwitterで的確な情報を得るためには、RTされてくる情報を真に受けるのではなく
地震関連にまつわる「公式アカウント」の発言に耳を傾けることだ。
その中で、フォローしたいアカウントはTwitter公式ナビゲータにまとめられているので
是非活用して、デマに惑わされないようにしてほしい。
特に、「拡散希望」等と言うツイートにいは十分注意していただきたい。

※あと、情報拡散の為に『堀江さん』を使うのもほどほどに。
  彼も面倒になって精査せず適当にRTする可能性もあるので・・・。
Googleの安否確認サービスを利用してください。


ツイナビ・Twitter 公式ナビゲーター
ツイッター地震情報をまとめました。

ライター:ユカワ
このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天SocialNewsに投稿!
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
秒刊のニュースは自由に転載可能です。



    面白ニュース秒刊サンデーとっぷへ
    ライタ募集―