super

マクドナルドに行くと、毎回ポテトやジュースの空き箱が邪魔になる。そのままサンキューボックス(ゴミ箱)に捨てればよいのだが、テイクアウトした際は最悪だ。家のゴミ箱の許容量を圧迫して非常に邪魔。潰せど潰せど、そこまでは小さくならず、結局入れてもらった袋のまま上だけ縛って捨てるというオチに。だがこのポテトやジュースの空き箱は有効利用できる方法があった。

super

まず、ジュースのフタはタイヤに。それぞれ2組を1つのストローで結ぶ。ポテトの空き箱をボディに利用する。

naget

ナゲットの上の箱は操縦席に。後ろのタイヤもお忘れなく。

13149228854884867

見事スーパーカーを作ることが出来た。ハッピーセットもなかなかそそられる玩具だが、オトナがさすがにハッピーセットを頼むのも恥ずかしい。それなら余った空き箱で作ってしまえという、大変エコロジーなコンセプトで作られた車だ。

だが、これを制作するには、ジュース4本・ポテト2つ・ナゲットの箱1つが必要になる。一人で作ると言うよりも、家族でもちかえった際に子供に作ってあげると喜ばれそうだ。

どうしても1人で作りたいと言う方は、ご安心を。サンキューボックスからいらなくなったジュースのフタや、ポテトの箱を拝借してこればよいのだ。もちろん捨ててあるので誰もお咎めないだろう。

【記事参照元】
http://tt.mop.com/read_10266039_1_0.html

(ライター:ユカワ)