au

スマートフォンブームで、WEBサイト閲覧のみならず、膨大な容量のアプリをバンバン落として楽しんでいるユーザは沢山いるのではないか。これもパケット定額があるおかげで楽しめるわけですが、このパケット定額がもし加入していないことに気づいたら、どれだけゾッとするだろうか。そして請求額はいくらになるのだろうか。実際にパケット定額に入らない状態での請求が来たユーザがTwitterで話題になっている。


au

ご請求金額 3,959,160円 on Twitpicより

パケット通信料(プランZシンプル)のみの加入で37,711,067円なり。さらに消費税が188,531円という恐ろしい額が発生し、合計が3,959,160円。なんと高級車を購入できてしまうほどの巨額だ。

いやはや恐ろしいことだ、パケット定額に入っていないとここまでの膨大な金額になると言うのか。逆に普段キャリア側がそれだけ負担していてくれていると考えると、パケット定額はまさに神対応と言ったところだが、投稿者は来月400万近いパケ代を払うのだろうか。

答えは、まだ不明だがどうやら、店側の設定ミスによりパケット定額に入ってはいるが何故か適応されていなかった線が濃厚だ。なぜ適応されていないのかが恐いが、常識的に考えて400万の請求をキャリア側がするとは思えないが、結果が気になるところだ。

そもそもスマートフォンでパケット定額を入れずに契約できてしまう事が驚きだ。本当の事故がいつどこでおきてもおかしくない。

【関連記事】
ソフトバンクのiPhoneに届く迷惑メールにあえて釣られるとどうなるか。

(ライター:たまちゃん)