redbull


レッドブルといえば、非常に高いカフェインを持つ洋ドリンクですが、スーパーマーケットの仕事を終えた40歳の男が、4杯のレッドブルを飲んだ後、心臓発作でまもなく死んだという。とはいえ、彼は毎日4缶ずつ毎日毎日飲み続けていたという事で、4杯だけとは言いがたい。


◆カフェインのとりすぎで死ぬ

レッドブルはコーヒー一杯とおなじぐらいのカフェインの量ということで、飲みすぎには注意しなければならないのですが、彼はもともと心臓に病気が あったようで、イアン・ロバーツ博士(病理学者)は、彼が飲んだRed Bullの量が引き金になって、心臓に負担をかけて、死んだのではないかと供述している。 レッドブルは、140の国で35億缶と瓶を販売しており、1杯のコーヒーとほぼ同じくらいの量のカフェインを含んでいますが、血圧の上昇を引き起こ す場合があったという恐れの中に多くの国で禁止されました。現在日本でも発売されておりますので、血圧の高い方、心臓に病気がある方は充分注意してくださ い。

ちなみに『シュガーフリー』のレッドブルが1月17日より関東エリアで先行発売しますので、カロリーを気にされる方はこちらを購入お勧めいたします。


※追記 2012年1月4日 21:30

日本のレッドブルと海外のレッドブルでは薬事法の関係で成分が若干異なるという情報をいただきました。


【記事参照】(2008年の記事)
http://www.foxnews.com/story/0,2933,352561,00.html


【関連記事】

コーヒーを飲み過ぎると『幻覚症状』を起こすことが発覚


(ライター:たまちゃん)

このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天SocialNewsに投稿!
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
秒刊のニュースは自由に転載可能です。



    面白ニュース秒刊サンデーとっぷへ
    ライタ募集―