dwdwq

坂本龍一氏が出演する日産の電気自動車『日産リーフ』のCMに対し、不当表示に当るような個所や、根本的に坂本龍一氏を起用すると言うキャスティングがいかがなものか、という議論がTwitter上で起こっている。坂本さんといえば、脱原発を推進する一人であることは有名だが、彼の起用がいったいなぜ問題があるのか。そして何が不当にあたるというのか。


cwe

脱原発派でありながら電気を使う車に乗る坂本氏

さて、この『日産リーフ』のCMに対し2つの問題点があるとネットで指摘されている。その一つが脱原発を推進している坂本さんが、電気自動車のCMに起用されることは適切ではないといとうことだ。なぜなら、電気自動車はその名の通り、電気で走る車。電気は言うまでもなく原子力発電所や火力発電所から作られる。

つまり間接的に原子力発電所の電気を使って走る車に乗り換えましょう!と演出上ながらも坂本さんは言ってしまっているのだ。おやおや、脱原発の話はどうなっちゃったの?坂本氏のCM起用は不適切なのでは?という突っ込みがTwitter上で起こっているようだ。


CO2を出さないというのは不当表示では?

dwd
(参照:日産リーフTwitter

さて、次に問題となっているのは100%電気自動車であるからCO2を出さないというが、発電させるために間接的に化石燃料などの火力発電を使い電力を供給しているので、全く出さないというのは嘘ではないかと言う事だ。この件に関し、日産リーフ公式Twitterはあくまで『走行中のCO2』は出ないと言う事を説明

hiho

画像

つまり要約すると、発電に関するCO2は今回は関係なく、
あくまで『走行中のCO2』は0であるということだ。

wdw

この件に関し、公式サイトの動画にも確かに『LEAFは走行中に全くCO2を出しません』との記載がある。
また、坂本氏はCM内で『自分がね、CO2をどのくらい出して走ってるのか。いつも気になっていたんですよ。この車、そこが完全にゼロですよね。』と太鼓判を押す。

以上の件を踏まえネットでは『坂本氏は、脱原発派でありながらCO2も嫌うのか』などと揶揄されている。

確かに、日産側がCO2排出に対し、発電に関するフローは無視するというスタンスを踏まえると、脱原発派であろうとなかろうと、坂本氏というキャスティングは問題なかったのかもしれないし、一般消費者がそこまで過剰に反応する可能性も今回は低そうだ。

【記事参照】
the new オーナー 坂本龍一(30Sec) - YouTube
坂本龍一氏の日産リーフCMについて「(走行中は)CO2出してないから不当表示ではない」

【関連記事】
また原発デマ。福島県の魚を食べた男性が急性リンパで亡くなるというデマ拡散