bat

普及の名作SF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーII」の舞台設定である「未来」が実は昨日であったという衝撃的なニュースが拡散して一時期話題となった。バック・トゥ・ザ・フューチャーIIの未来といえば、車は空を飛び、ホログラフ広告で驚かされ、スケートボードではなくホバーボードで遊べるという未来だったのだが、果たして本当だろうか。


bat

画像:Twitpicより

さて、実際に拡散している写真を見ると確かに JUN 27 2012 とあり、2012年6月27日であることが記載されている。こんなに未来の設定って早かったっけ?と疑問に思うかもしれないが、実際にそのような設定の写真があるので、間違いない・・・

と言うのは大間違いで、実はこれ誰かによる捏造写真。実際は2015年であったことが確認されている。とはいえ、2012年も2015年もそんなに大差はないし、あと3年で空を飛ぶ車が普及していくとは到底思えないので、実際に2015年になった際に本当に驚くというくだりになりそうだ。

しかしその中で本当に実現したものが存在することをご存じだろうか。

nike-mag-8


nike
画像

自動で紐が閉まるシューズ。
履いた瞬間紐が自動的にしまってフィットすると言うシロモノ。
2015年ではなく2011年に実現。2015年になればこれが一般的になれば映画に忠実な未来となる。

http://www.nicekicks.com/2011/09/nike-air-mag-officially-unveiled/

hover

ホバーボード。浮上は再現できたが、肝心の路上で使う事は難しそうだ。なにせ磁力台とセットになりそうなので。2015年までの実用化は難しそうだ。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=sNX1hTEI_W8

なにはともあれ、実際の2015年まであと3年半。どこまで映画のように実現するのかは判らないが、当時から考えてみれば、こうしてインターネットで世界中の人間と瞬時にデータのやり取りを行ったり、動画を再生させたりと、当時では考えられないような未来になっているのは言うまでもない。



(ライター:たまちゃん)