kensuke

24時間テレビで毎年行われるチャリティーマラソン。しかし中継が24時間行われるわけでもなく、実際に走っているのかどうかは明らかになってはいない。また走行距離も毎年違い、チャリティマラソンが24時間もかかるものかという疑惑も持ち上がる。そんな問題を解消すべく、今年もチャリティーランナーを追跡するサイトが登場した。今年は北斗ファミリーの駅伝方式となっているが果たして、実際に走っているのか。

dwqdd

追跡は追跡専用のまとめ用のホームページ、ウィキ、Twitter、Ustream等を駆使して行われている各ツールの役割としては以下になる。

・Twitter・・・追跡班が常に場所をツイート。
・Ustream・・・あらかじめ待ち伏せなどしてランナーを映像に収める。
・ホームページ・・・上記をまとめる。

追跡班は実際の走行ルートは知らないので無線機などを利用し『ファミマを通過しましたどうぞ・・・』『トンネルを通過しました』『休憩は取らないようです・・・どうぞ』などと連携を取る。とにかくUstream等の映像に収めるように、努力はしてみるものの、予想とはずれ休憩ポイントに寄らなかったり休憩自体を取らなかったりすることで、撮影することができないことも。撮影中は、実況を行い休憩地点によらなかったりした場合、落胆の声も。

fewfe
kensuke2

しかし、公表されていないはずのスタート地点を見事に突き止め、映像に収めることに成功している。これによりドラマなどで中継されていない時間帯でも、ランナーがしっかり走っているかどうかを確認可能だ。

これら取り組みは、昨年2011年も行われており、当時のランナー徳光さんが実際に走っているかどうかを24時間追跡、ワープ(車を利用するなど)はしていないと言う事を確認してる。

今年もランナーはワープを使わず見事120キロを走破できるかどうか注目だ。

Ustream
http://www.ustream.tv/channel/pursuelive-24htv
まとめブログ
http://tetsuroui.blogspot.jp/


(ライター:たまちゃん)