wefw

2ちゃんねるやTwitterなどで「米陸軍の新型無人機」がヤバいという情報が話題になっている。無人探索機ではなく無人機と言う点が気になるが、我々が良く知るいわゆるステルス戦闘機等とは違い写真を見る限り2足歩行をするロボット型の無人機のようだ。武器も備え見つかったら速射殺されそうなまさにSFのようなロボットであるが実際に導入するのだろうか。

qwd
画像

http://picapixels.tumblr.com/post/43989903258/praetorian-p1-02-jpg

ネットではカッコイイ!捜査してみたいという意見も多くおおむね評価は良好のようだ。とはいえ、かっこよくても実際に実践に使えなければ何の意味もない。例えば、足場の悪い場所でこのロボットが上手に歩けるかどうかという問題もあるし、思い通りに動いてくれるのかという点も不安だ。

また手の必要はあるのか、すぐ転びそう、頼りないという意見も多く本当にこれが米軍の開発したロボット兵器なのかと首を傾げるユーザも多い。

そこでこの画像について出所を調査したところ、少なくともアメリカではこのようなロボット兵器は開発していないことが判った。更にこのロボットはとある米国のクリエーターのCGであることも判明。それを3Dデザイナーの帆足 剛彦さんが拡散させた模様。

右下にこのCGをモデリングした製作者の記載があり名前は「 Vitaly Bulgarov」
"BLACK PHOENIX" PROJECTとの記載がある。サイトを調査していくと彼のホームページに到達。ようやく出所が判明した。

dwqf

http://bulgarov.com/index.html

残念ながら米軍の無人探索機では無かったが近い将来このようなターミネーターのようなロボットが、前線で活躍する日がくるのかもしれない。


(ライター:たまちゃん)

このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天SocialNewsに投稿!
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
秒刊のニュースは自由に転載可能です。



    面白ニュース秒刊サンデーとっぷへ
    ライタ募集―