カテゴリ:Twitterまとめ
hakou

現在ツイッター等で話題になっているLED発光する茶室。情報によると畳の下にLED電球が埋められており暗い茶室の中で怪しく光を放ちその様子が日本の伝統と最先端の技術が見事にコラボレーションし実に「すばらしい」のだという。はたしてこの茶室は本当に存在するのだろうか、さっそく調べたところ実際に存在し、「SHUHALLY」と呼ばれるレンタル茶室となっていた事が明らかになった。

―光る畳の情報

ネットで話題になっているこちらの茶室は「SHUHALLY」にある貸し茶室「文彩庵」。横浜市、関内駅より徒歩3分。 喧噪のビルの一角にあるというもので、1日おおよそ10万円でレンタルすることが出来るようだ。また2010年度のグッドデザイン賞を受賞するという、何とも斬新な茶室が人気となっている。

仕組みとしては畳の下に発光ダイオード(LED)が埋め込まれており、一筋の光が浮かび上がるという神秘的な茶室を仕上げることに成功。狙い通り同世代にウケル茶室だ。またオーナーの「松村 亮太郎」さんはFacebookやブログもやっており時代の最先端を常に取り入れている印象。

とはいえ伝統文化を守り抜く文化人でもある。

https://www.facebook.com/ryotaromatsumura

SHUHALLY
http://www.shuhally.jp/

※画像:SHUHALLYサイトより


―畳以外にカベも光る。

まるで未来の宇宙船のような内部の茶室だが、よく見ると畳だけでなく掛け軸や壁周りも光っている。不気味な空間ではあるがどこか「厳かさ」を感じる流石としか言いようのない作品である。

なんとなくですが、今後SNSを取り入れた新しい茶室を世に送り出していただけそうな気もいたします。


―ネットの反応

狙い通り若い世代にかなり反響が良いようだ。

・未来っぽい
・蛍光塗料でブラッくライトかな
・結構なお点前で…落ち着かない
・光ってる!
・これ、かなりクール
・ステキやんwww
・これはたまらないな
・邪道。
・なにこれめっちゃいい
・ヒカルの碁を思い出した。アニメのほう。
・ここでお茶会したい
・マトリックスやん
・いいなーここ
・サイバーっぽいですね
・なにこれかっこいい!!!
仏殿もLEDで光らせれば、なかなかクールな印象を与えるかもしれないがご利益はなさそうだ


(ライター:たまちゃん)

このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天SocialNewsに投稿!
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
秒刊のニュースは自由に転載可能です。



    面白ニュース秒刊サンデーとっぷへ
    ライタ募集―