img_01

自宅で撮影したペットや料理の写真をSNSにアップ。最近では日常茶飯事になってきたことだけれど、ちょっと待ってほしい。その写真であなたの住所が特定されるかもしれない。デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真には、画像データ以外にもさまざまなデータが記録されている。例えば撮影した日時やGPS情報、使用したカメラの機種、フラッシュの有無、ホワイトバランス、撮影モード……などだ。これらを総称して「Exif(イグジフ)情報」と呼ぶのだが、特に気を付けたいのが、GPS情報だろう。

img_02
GPS情報が写真に記録されていることを知らずにSNSやブログにアップ。それが誰かに暴かれて、Googleマップなどで特定されれば、あっという間に撮影した場所が分かってしまうのだ。もし、それが明らかに自宅だと分かる写真だったら……その先の危険性は言うまでもないだろう。

実際に欧米では、ある家族が旅行先からブログやSNSに写真をアップしたところ、自宅の住所を特定され、泥棒に入られたという事例もある。

昨年、飲食店のアルバイト店員が不適切な写真をSNS上にアップし、炎上、または逮捕される事案が相次いだ。写真を公開してから数日と経たないうちに、ネット上で「特定した」と、氏名や顔写真、住所などの個人情報が次々と暴かれていったのも、このExif情報が原因のひとつなのだ。


ーExif情報を見るためのフリーソフト
 
Exif情報を見るためのフリーソフトは、いくつもネット上に出回っている。試しに筆者が撮影した画像を読み込んだところ、撮影日時や場所、使用したカメラの機種名までバッチリ表示された。このように、個人を特定できるような情報が簡単に知られてしまうのだ。
 
では、どのような対策をとればいいのだろう。まずは写真にGPS情報を記録しないことだ。スマートフォンの場合、設定画面で「位置情報」や「ジオタグ」、「Geto-tag」などと表記されているので、「保存しない」や、「OFF」を選択するといいだろう。カメラアプリを使っている場合には、一般設定で個別にオフにするか、アプリ内の設定画面でオフに切り替えよう。

また、写真をアップする前にExif情報を編集することも可能だ。削除専用のスマートフォン向けアプリや、パソコン用フリーソフトも提供されているので、ぜひ活用してほしい。

Facebookでは写真をアップする時にExifを自動で削除してくれるらしいが、そのまま公開してしまうSNSも存在するとか……。「自分は大丈夫だろう」とは思わずに、万全な対策を心がけよう。

(ライター:播磨谷拓巳/ノオト)

記事提供:CHINTAI情報局 / 秒刊サタデー