1407406241626_wps_7_D7EGWB_small_chapel_locat

暑い夏の季節になると、ホラー映画を見たり野外の肝試しイベントに参加したりして涼みたくなるものだ。信じる・信じないは別として、エンターテイメント性に富んだ怪談は我々を大いに楽しませてくれる。
しかし度を過ぎれば多大なストレスを他人に与えてしまうため、冗談では済まないこともある。イギリスのポーツマスにあるキングストン墓地で幽霊に扮して来園者を脅かしていた青年が、迷惑行為の罪で警察に逮捕されるという珍事が起きた。

1407405867468_Image_galleryImage_A_man_was_hauled_into_cou

容疑者は、イギリス在住の無職・アンソニー スタラード氏24歳。彼は事件当日、友達と酒を飲んだ後、キングストン墓地でサッカーをして遊んでいた。上がりきったテンションがなかなか下がらなかったのであろう。悪乗りしたアンソニー氏は墓地内で物陰に隠れ、「ウウゥゥゥゥゥ〜」と低いうなり声をあげながら墓地の訪問者を脅かして遊び始めた。折りたたんだ腕を体の前でひらひらさせる振る舞いから、幽霊の真似をしていたことは一目瞭然である。

肝試し大会の一環であるなら誰も文句は言わないだろうが、真剣に家族・知人の訃報に心を痛ませている来園者にとっては迷惑以外のなにものでもない。関係者から通報を受けた警察がキングストン墓地に急行し、アンソニー氏はあえなく御用となってしまった。


―イタズラのつもりだったのに…

アンソニー氏は、他者に不快感を与える言動で公共の秩序を乱した罪で起訴された。被告となったアンソニー氏も素直に自分の非を認め、早々に有罪が確定した。35ポンドの罰金に加え、被害者への賠償金と訴訟費用として20ポンドずつ、計75ポンド(およそ1万3000円)を追加で支払うことが命じられた。

ちなみにアンソニー氏は昨年の8月にも暴行罪で起訴されており、執行猶予中の身の上だったという。自閉症の兆候がある上に執行猶予の要件を侵害したわけではないため比較的穏便な判決が下されたが、今度また事件を起こせば12週間の禁固刑が確定することが言い渡された。アンソニー氏はさぞ背筋が冷たくなるような思いをしたことだろう。他人を脅かすつもりで自分が怯えるはめになるとは、皮肉以外のなにものでもない。

法律が相手では、ただのイタズラでしたという言い訳は一切通用しない。我々も悪ふざけをする際は、時と場所を考えて行動するようにした方がよいだろう。


―海外の反応

・ひでー話だな。もうこれからは酔ってお化けの真似をすることも許されないのか?
・イギリスの反社会的行動禁止命令はマジで常軌を逸してるからな。
・この記事を見て、さすがイギリスだと思ったよ。本当にイカれてやがる。
・35ポンドなんて安いものじゃないか。アメリカだったら数千ドルの罰金を取られるぜ。
・そもそも墓地はサッカーをする所じゃないしな。トータル75ポンドの罰金は厳しくないと思うよ。
・いやいや、不快に思う人がいるかもしれないっていう理由だけで逮捕するのは問題でしょ。
・私は無実だ!
・死体なんかまたがなくてもサッカーの出来る場所はいくらでもあるだろうに。
・死人はそんな細かいこと気にしないさ。
・お化けの真似事が犯罪になるのかよ!
・やれやれだぜ。イギリスはだんだん俺が通ってた校則の厳しい高校みたいになってきてるな。
・なんにせよ、路上で酔っ払って人を脅かしたり墓場でうめき声をあげたりするのはよした方がよさそうだな。
・「ウウゥゥゥゥゥ〜」>記事を書くときに「ゥ」を何個書けばいいか迷いそうだな。
・今日読んだ記事の中で一番笑ったよ。
・むしろ、人間に化けてる幽霊から罰金を取りやがれ。

掲載元
http://www.reddit.com/2cvj8g/

(ライター:sha-la-ku)

楽天SocialNewsに投稿!

秒刊BANK

サイトで紹介した商品をここで紹介します!

花粉症対策!大丈夫?

    面白ニュース秒刊サンデーとっぷへ
    ライタ募集―

    コメントをお寄せください。

    名前
    メール
    絵文字