electroharmonix-a-1440

昨日「日本人には読めないフォント」などとして話題となったフォントですが、ようやくその名前が判明しました。それは「electroharmoni(エレクトロハーモニー)」という名前で、なんだか日本の古き良き時代を彷彿させるネーミング。ただ全く斬新で新しいこのフォントは使いみちはそれほどなさそうだが、わりとワンポイントとして使えそうなものである。ナメック語的な感じで。

electroharmonix

フォントの全一覧はコチラのようになっており、アルファベットをカタカナ風に崩してアレンジしたもの。作者も日本が好きで、13年前に完成させたものだという。基本的にカタカナ・漢字をベースとしたもので、日本語ではないが日本語風に読めなくもないような不思議なフォントとなっております。

例えば「I」は「エ」、「A」は「ム」など多少無理矢理ではあるものの、そう読めなくもないものだ。漢字もあり「W」は「山」、「B」は「乃」など。

byo

BYOKANSUNDAYをこのフォントに置き換えると「乃ソロケムウ ら■ウワムソ」となる。

デザインのワンポイントとしてお使いください。

掲載元
http://typodermicfonts.com/electroharmonix/

ダウンロード
http://www.dafont.com/electroharmonix.font

(秒刊ライター:Take)