al,a

われわれがもし、絶滅するとすれば、核戦争・疫病・そして「小惑星衝突」がありえます。それがいつになるのか、そもそも人類が生きている間に起こるのか、様々な疑問がありますが、答えとしてはいつになるのかは、発見され次第ということとなります。それは結構運任せなのですが、早期発見がカギとなるのは確かです。

09

DailyMailによりますと、NASAが新たに小惑星衝突などの危険性を事前に回避するなど「地球防衛」のための部署(PDCO)を立ち上げるという。役割としては、いままでNASAが定期的に行っていた、危険な小惑星の監視と早期発見など。

現在差し迫って危険な「小惑星」はないのですが、危険性の高いものは毎年1500個も発見されているのだという。

NASAは既にサイズが1キロ以上のものを90%発見しているが、まだ未発見の危険な小惑星が残っている。それがもしあまりにも巨大でしかも地球に衝突する可能性があるとしたらとんでもない騒ぎになる。

u


ちなみに「PDCO」とはPlanetary Defense Coordination Office で、平たく言えば地球防衛軍ですが、小惑星を見つけたからと言って彼らがかっこよく出動して破壊する・・・ということはなさそうですね。

PDCO
http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2016-007


掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3394236/The-office-save-Earth-Nasa-sets-planetary-defense-department-tackle-threat-deadly-asteroids.html
 
(秒刊ライター:たまちゃん)