トイレ3

世界にはいろいろなテーマパークがあり、日本にもちょっと不思議な「秘宝館」なる施設が、熱海あたりにあったりして、子供のころは単なる不思議な物体が陳列された博物館だなとしか思わなかったわけですが、大人になりその意味深さをかみしめる毎日でした。さてこちらの施設は子供でもある意味喜ぶでしょう。

トイレ1

この園内のみどころとしては、世界中から集めたトイレとカオスな銅像である。こちらの銅像も用を足している様々な人たちの様子である。小便小僧は小さいほうの用をたすことで有名だが、大きなほうをしている銅像はなかなか見れない。ここの施設の特権でもあるが、心なしかウケを狙っているとしか思えない。

この施設を建てた目的はトイレにまつわる教育、そして文化を学ぶために建てられたものだという。冒頭で紹介している建物ももちろんトイレをイメージして造られたものだ。

また、元スウオン市長シム・ジャエ-ダックをしのんで建設されたもので、彼はおばあちゃんのトイレで生まれ韓国のトイレ事情の向上に貢献しているという。

園内には何と、1000年以上前の朝鮮半島の水洗式トイレ・公衆トイレがあるというから驚き。ある意味トイレ先進国だったのだ。


トイレ3

トイレ2

トイレ5

toire
トイレ4


日本のマンガに出てきそうなあの「うんち」も登場!ふざけているわけではなく本気で教育・文化の為にこの施設を建設したのだと信じたい。そうでなければ、この施設を建てる為に使った莫大な予算が、まさしく水に流されてしまう。

韓国に行った際は是非このお便所テーマパークを訪問してみてはいかがだろうか。

掲載元
http://www.damncoolpictures.com/2012/11/worlds-first-toilet-theme-park-in-south.html

(秒刊ライター:たまちゃん)