SAYA151005388371_TP_V1

大手外食チェーン店に押されがちで、個人経営の居酒屋や洋食屋さんはひっそりと経営してしまいがちです。味はともかくコスパの良さに引かれてチェーン店に足を運んでしまいます。コスパよし!味よし!の外食で損をしないための3原則が発表されたのでご紹介していきましょう。

第1原則 入店したら、まず和食の一品メニューを食べてみるべし
0I9A5027ISUMI_TP_V1

日本人なら和食です。
出汁は天然のもので煮出しているのか、煮ものは煮込みすぎてしょっぱくなりすぎてはいないだろうか。初めて行くお店では、まず和食を頼んでみることはセオリーです。

第2原則 季節限定のメニューを出している店を選ぶべし
00_PP12_PP_TP_V1

グランドメニューだけでなく、季節限定、本日限定メニューを出しているところを選んでみましょう。
特に、本日入荷のメニューは新鮮で絶対に食べるべき一品です。
ただし、店の外に季節限定メニューの看板などが出されていることは少ないですね。
お店のHPやFacebookを確認すると、情報が出ていることもあります。

第3原則 看板メニューの価格が突出していない店を選ぶべし
KC150711258895_TP_V1

看板メニューは利益度外視で販売しているか、原価率を低く抑えてもうけを出そうとしているメニューかのどちらかです。
看板メニューが他のメニューと比べてさほど変わらない価格だったら、その店は良心的なので味も間違いないと考えていいでしょう。

プロが考える外食で損をしないための3原則

・入店したら、まず和食の一品メニューを食べてみるべし
・季節限定のメニューを提供している店を選ぶべし
・看板メニューの価格が突出していない店を選ぶべし

掲載元
http://nikkan-spa.jp/1225176

(秒刊ライター:マギー)