チャーハン

ソウルが火の海になる、核のボタンを押す、戦争の味を見せてやろう・・・北朝鮮の無慈悲な挑発は非常にバラエティにとんでおり、かなり多くのボキャブラリーがあります。笑い事ではないのですが、改めてよくそこまでコピーを出せるなと思う方も多いはず。同時にそれが一体どれぐらい本気なのか?と思う方も居るはずです。


ー北朝鮮の無慈悲な挑発シリーズ

北朝鮮の無慈悲な挑発は数多くのシリーズがあります。シリーズということからもはやこれは「お決まり文句」のようなもので、実際には行動しないのだろうと考えている人も多いハズ。ということで結局どれ位の緊急性があるのか、それがみえてこず「挑発」本来の意味合いをなさない。このような悩みに解決させてくれるのがこちらのコピペ

チャーハンに例えた素晴らしい例えです!
ということで無慈悲な挑発「チャーハンに例えたコピペ」を御覧ください。


・ 緊急献立会議した 
・ チャーハンを作るよう指示した。 
・ 食材を仕入れるよう指示した。 
・ 食材を仕入れる準備に入った。 
・ 食材の仕入れが完了し調理待機状態に突入した。 
・ 食材の下拵えを指示した。 
・ 鋼鉄の包丁がかつてない程の切れ味で食材を切り裂くだろうと発表した。 
・ 鋼鉄の包丁が待機状態に入ったと発表した。 
・ 食材の下拵えが終了したと発表した。 
・ 下拵えを終えた食材が待機状態に入った。 
・ 鋼鉄のフライパンを準備するよう指示した。 
・ 鋼鉄のフライパンのが待機状態に入った。 
・ チャーハンの調理を指示した。 
・ チャーハンの調理が可能な待機状態に突入した。 
・ 強力な火力で炒めるだろうと発表した。 
・ ガスコンロが待機状態に入った。 
・ お昼までに重大な決断をすると発表した。 
・ お昼のメニューがチャーハンに決定したと発表した。 
・ チャーハンを作ることが承認された。 
・ この世の誰も体験したことのない革命的食感のチャーハンになるだろう。 
・ 本物のチャーハンを味わうこととなるだろう 
・ カレーライスの予定を白紙に戻す決定が下った。 
・ ガスコンロの元栓が総解放され、残されたのはチャーハンの調理だけだ。 
・ チャーハンの調理開始まで1分1秒の状態だ。 
・ すでに客には通告している。 
・ 本物のチャーハンの味見せてやる

無慈悲・火の海・待機状態・最終通告・本物のチャーハン
これらフレーズを使い回せば何かしらそれっぽい無慈悲な言葉ができそうですね!


(秒刊サンデー:たまちゃん)