pri_39015821
最近の魚は身だしなみにも気をつかう時代になったのでしょうか?フィリピンで全身をタトゥーに覆われた魚が捕獲されました。 自分を飾り立てる方法はいくらでもあります。しかしこちらの魚は何と全身にタトゥーを掘りアピールする道を選んだようです。そんな最先端のオシャレに身を包んだこちらの魚を詳しく見ていきましょう!
 

pri_39015891

ウロコの代わりに青いデザインの王冠、盾、植物の葉が彫刻されていますね。凝ったデザインのタトゥーです。たまたま傷がついた。というレベルでないことが確認できます。

pri_39015815
 
こちらは比較のために同じ種類の魚を並べた写真です。
この画像が地元のテレビニュースGMAで取り上げられると、何千もの人々の興味を掻き立てました。

では、どうして魚にタトゥーが彫られていたのか?ひとつは誰かが魚にタトゥーを施し、そのまま海へ返したという説です。なんのためかは分かりませんが、もしかしたら考えられるかもしれません。

一番の有力候補はスティーブ・クラークの案です。このデザインが施されたゴミ、布地の何かが長い時間をかけて魚の皮膚にタトゥーを彫ったというものです。また神秘的な接続、神の生まれ変わりだと主張する人々もいます。

pri_39015889

ゴミがプリントされただけの魚なのか?はたまた神の生まれ変わりなのか?意見が分かれるところです。しかしこの世の中には我々の知らない出来事がたくさんあるのもまた事実。海の偉大さを感じるニュースでした。
 
 掲載元:http://metro.co.uk/2017/05/08/fish-covered-in-strange-tattoos-caught-in-the-philippines-6624129/

(秒刊サンデー:mochiko)