41

桜島噴火・熊本地震など大きな災害が続いている九州地方にて少し厄介な噂が飛び交っております。それは、13日付近で地震が発生するのではないかということです。もしこれが事実だとすれば、復興しつつある熊本にも打撃が大きいのかもしれません。しかしあくまで噂の段階で真相は不明なのです。果たしてどういうことなのでしょうか。


ー高橋学教授とは

今回地震を予測しているのは立命館大学・歴史都市防災研究所の高橋学教授です。高橋教授は、昨年12月28日の茨城県北部地震(最大震度6弱)、今年2月19日の千葉県北東部地震(最大震度4)など少し大きな地震を言い当てている方です。とはいえ、震災レベルの巨大地震を当てているわけではないのであくまで注意が必要なレベルです。

高橋教授が週刊女性PRIMEに送信したとされるメールによりますと5月13日前後に博多・北九州周辺で大規模地震が起きる可能性があるということです。大規模というのがどれぐらいなのかは不明ですが、マグニチュードで言えば5〜6だそうです。

気になる根拠ですが、3月13日〜15日まで発生していた群発地震からちょうど60日目。その節目に大規模地震が発生しやすいということです。そしてその前段階にM2〜4の地震が発生するといいますが・・・


ーM4.3の地震が11日に発生

52

そんな矢先、M4.3の地震が11日、九州地方で発生しました。これは「大規模な地震」の前兆ともいえるものでしょうか?しかし警戒するのは北九州地方ということでどちらかと言えば今回の地震の地域とは少しずれもあります。

ーその他の人の予想

41

また東日本大震災を当てたJESEA(地震科学探査機構)によると現在は

〇レベル5 (震度5以上の地震の可能性が極めて高く緊急性がある)
南関東周辺
〇レベル4 (震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い)
南海・東南海地方 九州 東北・北関東の太平洋岸、奥羽山脈周辺 北信越地方・岐阜県

となっております。
果たして本当に地震が来るというのでしょうか。


掲載元:週刊女性プライム
http://www.jprime.jp/articles/-/9635

高橋学
http://www.ritsumei.ac.jp/lt/introduce/faculty/detail.html/?id=84

(秒刊サンデー:たまちゃん)