41703BD100000578-0-image-a-153_1497537792402

建築家ガウディの有名な建築物と言ったら、スペインのバルセロナに今もなお建設中のサグラダファミリアではないでしょうか。永遠に完成しないんじゃないかとも思いますが、2026年には完成予定となっています。ガウディが初期に建設した世界遺産となっているカサ・ビセンスが一般公開される運びとなりファンが歓喜しています。


スペインに旅行に行く際に外せないのがサグラダファミリア。
しかし、ガウディの作品はサグラダファミリアだけではありません。
初期に建設されたカサ・ビセンスは2005年にユネスコの世界遺産に登録されています。

41703BEA00000578-0-image-a-144_1497537760810

そして、2017年秋にはガウディの処女作がついに一般公開されることが発表されました。
カタルーニャ建築を取り入れたこの建物尾は、とても鮮やかな4階建ての建物で、何年もの間修復を重ねました。

41703B4F00000578-0-image-a-151_1497537786153

天井はドーム型になっており、木製の天井の梁を使用しています。
中東からのインスピレーションを受けての作品となっています。

花模様をあしらった外壁は、後世の作品とは大きく違います。

41703C0100000578-0-image-a-145_1497537764229

一般公開するに当たり、修復プロジェクトに多くの建築家が参加しました。

今のところ一般公開の日程は決まっていませんが、ガウディの処女作を見学するためのチケットはオンラインでのみ販売されると言われています。

ガウディファンならずとも、是非とも訪れたいですね。

41703BA400000578-0-image-a-139_1497537725307

また、サグラダファミリアもガウディ没後100年の2026年には完成する予定です。
建設中のサグラダファミリアを見る機会も残りわずかとなってきました。


掲載元
http://www.dailymail.co.uk/travel/travel_news/article-4608100/A-peek-inside-Gaudi-s-building-opens.html

(秒刊サンデー:マギー)