business_zei
昨日とんでもない税金が議論されていると「北國新聞朝刊」に掲載され、ネットで話題となっておりましたが、実はこの報道そのものが誤報であった可能性があります。かほく市の公式サイトによると、そもそもそのような議論・提案などは行っていないということです。しかし現在も「北國新聞朝刊」には記載されております。一体どちらが正しいのでしょうか。


ー独身税とは 

「独身税」とは子育て中の女性でつくる「かほく市ママ課」という組織が提案している税金で、「結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」という思いがあるようです。あくまで提案・提言をしている段階であり、かほく市としてはこれを受け入れるというところまでは、進んでいないようですが、そもそもそのような話があるという時点で、ネットの独身者の怒りを買ったようです。

※引用:北國新聞より
https://this.kiji.is/275333130830235126


ー提案そのものはなかった!?

しかし、事態は急展開です。かほく市としては「「独身税」の提案等を「ママ課」及び「かほく市」は一切行っておりません。」と報道を否定しているのです。つまりこの発表が事実であれば、北國新聞の記事そのものに誤りがある可能性があります。

ただし現時点ではかほく市の投稿記事は消えております。

参考:かほく市
http://www.city.kahoku.ishikawa.jp/www/01/104/001/000/index_7420.html

37
※ページが現在消えている。


ーママ課消される

さらにかほく市ママ課の関連サイトが一斉に消されております

説明ページ
http://www.city.kahoku.ishikawa.jp/content/mamaka/

Facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%8B%E3%81%BB%E3%81%8F%E5%B8%82%E3%83%9E%E3%83%9E%E8%AA%B2-1641336879500213/


「独身税」の意見を述べる程度であったはずが、いつの間にか日本中からのバッシングを浴びることとなってしまった「かほく市ママ課」。

そして「独身税」の発言そのものが無かったとするかほく市

果たして今後どのように収拾つけていくのでしょうか。



(秒刊サンデー:たまちゃん)