mizura6
『お湯を入れて3分』が合言葉の国民食・カップラーメンが水でも調理できる事が話題になったのは記憶に新しい。カップラーメンはお湯が使えない状況でも食べられる優秀な非常食である事は認める。しかし、カップ焼きそば派としてはどこか釈然としない。カップ焼きそばではダメなのか。カップ焼きそばは災害時にただの箱と化してしまうのか。なんか無性に悔しいので、カップ焼きそばを水で作ってみた。

ー 事の発端は警視庁警備部災害対策課のツイート

2017年8月22日に投稿された警視庁警備部災害対策課のツイートで判明した、カップ麺は水で作ってもイケる説。
実際、多くの人がチャレンジし、水で作ったカップ麺がウマい説を証明した。


ー 水カップ麺は本当にウマいのか、水カップ焼きそばではダメなのか検証してみた

mizura10
今回の検証してみたのは、天下の日清食品の主力3商品。
「日進焼きそばUFO」「カップヌードルミニ」「ミニどん兵衛きつねうどん」だ。
実験時の室温は23度。各商品に水を入れて室温で放置する。

mizura11
各商品に注ぐのは、ただの水道水。
水道水とお湯は同様のものとして扱うため、お湯を入れる前に入れるタイプのモノは入れておき、後入れのふりかけやソースは分けておく。
水を注げばあとは放置するだけだ。お湯なら3分だが水の場合は時間がかかる。今回はこまめに麺の様子を調べながら可食と判断するまで待ち続けてみた。

ー 「カップヌードルミニ」と「どん兵衛ミニ」は20分で可食可能

mizura2
20分後、先に可食判断ができたのはミニサイズのカップ麺2種類だった。

mizura3
カップヌードルミニの麺は20分もするといい感じにふやけていて食べやすい。
具材の卵や海老もふわふわ。肉は多少カリカリな感じはするが具材の味がしっかり感じられあまり違和感はない。
心配していたスープは油分が溶け切らなかった感は少々あるものの、これはこれでアリな味。

mizura4
どん兵衛は和風だしなのでNGな味になるのでは・・と心配したが、カップヌードルよりしっくり感があった。
水でマイルドな味わいになる分、和風だしの風味が合うからかもしれない。
麺はほどよくコシが残りツルッと食べられる。何よりよく味の染み込んだおあげがふわふわしていてウマい。

ー 待つこと25分、肝心の「カップ焼きそば」は・・・


mizura5
さて、肝心の焼きそばはさらに5分待ったところでやっと麺が柔らかくなってきた。
麺の表面に残るツブツブが若干不安なビジュアルではあるが、食べられなくはなさそう。
湯切りならぬ水切りを行い、ソースを絡める。

mizura7
ソースの絡みに若干の物足りなさは感じるが、いざ実食!

な・に・こ・れ!!想像以上にウマい!!!

水を切ってしまう事で水に残る油っぽさが軽減されるからか、油っぽさが少なかったどん兵衛よりも更に食べやすい味となっていた。
麺も25分待てば程よい硬さになり、UFO特有のモチモチ感は少ないにせよ焼きそばの食感だ。具材のキャベツや肉もしっかり柔らかくなっていた。

mizura8
水で作った事が原因なのか、パンチ的な意味で物足りなさを感じたのでマヨ注入。
マヨでコクをプラスするとさらに食べやすい。さすがに「普通の焼きそばが冷えた味」レベルのクオリティとまではいかないが、非常食としては申し分ないだろう。
余談だがマヨネーズは栄養価が高くチョコレートと並ぶ非常時のお役立ち食品だ。常備しておくと良いだろう。

ー 完食、そして結論

mizura9

ごちそうさまでした。
結論として「水で作るカップ麺」はアリだが、「水で作るカップ焼きそば」はさらにアリだ。
時間はかかるが、個人的には汁として水分を残すカップ麺よりも溶けきらなかった油っぽさ感が軽減できる点がおすすめ。
カップ焼きそばが災害時にただの箱と化してしまうなんて事はない。
また、マヨによるコクトッピング増しをすれば、更に美味しく食べる事ができるように感じた。

非常時に備えてストックしておく事をおすすめしたい。

(秒刊ライター:槙島)