11
ツイッターで「けものフレンズ」の商品化か、「忖度」という形のないものを商品化するか投票を募り、予想外の「忖度」に決定するも、動揺してしまったファミリーマートがついに「忖度」を商品化させたようです。その名も「忖度御膳」ということで、年末年始にふさわしい和のテイストの弁当ということです。

ー忖度商品化とは


忖度の商品化はツイッターで結果を募った結果実現されたものです。その結果、61,239ものいいねがついたということです。つまりファミリーマートによると「61,239個」の売上が見込めるのではないかと期待を込めています。もちろん冷やかしで投票した方も居るのかもしれませんが、5万個売れたとしても大きな売上にはなります。

ということで今回商品化されたものがこちら。
事前に「食べ物」ではないかと言われておりましたが、予想通りの「食べ物」でした。ただし「忖度まんじゅう」などという有りがちなものではなく、シャレのきいた商品です。

17
23
ポイントとしては「案件:あんかけ」「ごますり:ごまあえ」「腹黒:のどぐろ」など忖度という名前に合わせた食材を使っているという点です。

この短期間で良く商品開発できたな!と思うのかもしれませんが、そのへんは我々消費者はまさしく「忖度」するしか無いのでしょう。

忖度御膳(本体:739円、税込:798円)は12月1日〜全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約18,000店(沖縄県を除く)にて数量限定で発売するとのことです。明日11月21日(火)からは、店頭で予約承りを開始するようです。


忖度御膳
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2017/20171120_11.html

(秒刊サンデー:たまちゃん