OOK86_tewohuriPR_TP_V
昨今、生活保護受給者問題が世間を騒がせており、働けるけれど働きたくない若者などにも生活受給をしている背景なども問題となっています。そして、2018年4月24日。生活保護法改正案の真偽が国会で行われましたが野党が大量欠席する事態に。これについて、参考人招致で呼ばれた吉村大阪市長が痛烈な野党批判をした事が話題となり、国民の代弁者として支持を集めています。

生活保護受給者世帯が増加する中、生活保護に関する重要な法案が国会で審議されている最中ではありますが、2018年4月24日に行われた審議では野党議員が大量欠席する事態となりました。

この様子を受け、吉村大阪市長が冒頭次のように苦言を呈しました。

「国民にとってこれだけ重要な法案であるにもかかわらず、この場に日本維新の会以外の野党の皆さんがいらっしゃらないということは非常に残念に思いますし、異議を申し立てたいと思います。国民の立場で見ていますと、国会において、あるいは政府において、さまざまな不祥事が生じ、その不祥事の責任を追及するのは大切なことだと思いますけども、一方でこういった重要な法案の審議は別の話だと思っております。この法案審議に出席されないのは、職務放棄だと思っています」

野党の国会欠席戦術について、夕刊フジが痛烈な批判をした事で国民から支持を得る事となっています。

「税金泥棒」今の野党を的確に表す四文字熟語ではないでしょうか。
仕事を放棄している国会議員にも、我々の税金で給与が支払われているのです。

仕事を放棄しているにもかかわらず給与が支払われているこの状況に、国民も憤慨!
ネット上では次のようなコメントが見られています。

政治家ではなく、民間の会社でこのように仕事を放棄した場合は一発でクビでしょう。

政治家は仕事放棄しても給与が支払われる。このゆゆしき事態を、夕刊フジは的確な四文字熟語で表してくれたおかげで多くの国民が知る事が出来たのではないでしょうか。

画像掲載元 ぱくたそ
(秒刊サンデー:マギー