スクリーンショット 2018-06-01 16.47.04
最近は「OKグーグル!」や「アレクサ!」で様々な制御を行ってくれるすぐれものとして知られる「スマートスピーカー」ですが中に搭載されている人工知能AIが、やたら暴走し世界中でトラブルを発生させているのは記憶に新しく、そのうちとんでもない問題を引き起こすのではないかと危惧されます。そんな中こちらの映像が話題です。


ーOKグーグル!拳銃を撃って
スクリーンショット 2018-06-01 16.47.09
OKグーグル!拳銃を撃って!

そんなコマンドが受け入れられるのでしょうか、なんとこちらの動画では、スマートスピーカー「グーグルホーム」と拳銃を組み合わせ、とんでもない実験を行っております。

アーティストでロボット主義者のアレクサンダー・レーベン(Alexander Reben)は、グーグルホームを改造し拳銃をもたせ実際に発射させております。

つまりこんな形で悪用することができるわけで、例えば遠隔操作でグーグルホームを操り、拳銃を発射させるなんてことは出来てしまうわけです。

恐ろしい・・・。

せめて「そんなことやめましょう」と否定してくれればよいのですが、今のAIはとにかく受け入れたコマンドを真面目に受け流すだけですのでやれと言われれば問答無用で実施するわけです。

しかしこれが更に進化し、やれと言われなくても自らの意思で実施するなんてことがあれば・・・。
まさに2001年宇宙の旅であった「HAL」のような惨劇を生むのかもしれませんね。

それ以前にグーグルホームの発射対象がリンゴとはまたブラックすぎる。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-5790707/Man-fires-GUN-remotely-issuing-commands-Google-Home-smart-speaker.html

 (秒刊サンデー:たまちゃん