スクリーンショット 2018-06-09 13.00.34
心霊写真というものは一時期テレビでも大きな話題となり特番が組まれるほどにもなりましたが、最近ではめっきりきかなくなってしまいました。実はその殆どが現像にかかわる不具合だったり、光の加減でそのように見えるだけ、という解釈がされており、カメラの性能が向上した現在ではあまり心霊写真が撮影されなくなりました。

ーこの不気味なシーン

William Harperさん(@whharper)がシェアした投稿 -

しかしこちらのインスタグラムではそんな恐ろしい心霊写真を彷彿とさせるような写真が多く掲載されており、一時期の心霊写真ブームをよみがえさせるかのようです。ただし、これは実はカメラマンの「William Harper」による作品であり、心霊写真ではないのです。つまり見た目はそんな印象を与えますが、実はそのような撮影技法であるということです。

ようは、ただの鹿を赤外線カメラなどで撮影し、鹿のリアルな躍動感溢れる写真を撮影したということです。

がしかし、鹿を撮影するつもりが、何故か人が紛れ込んでしまい、あたかも心霊写真のように写ってしまうことも有るようですが

William Harperさん(@whharper)がシェアした投稿 -


普通の撮影方法で撮影すると、ただ人がウロついているだけということが判明しております。従って夜中に鹿が活発に動く際に撮影するので基本人間はいませんが、稀に森を彷徨いている大人が撮影されてしまいます。

ただ、謎の少女が紛れ込んでしまうという謎現象も起きております。

この作品は公式サイトにも掲載されておりますが、これが本当の子供の写真なのか
それとも何かの手違いで写ってしまったものなのか。

信じるか信じないかはあなた次第。

画像掲載元:Instagram

William Harper公式サイト
http://williamharper.net/wharper2012-14/#/following-the-deer/

 (秒刊サンデー:たまちゃん