tooth_ha_pikapika
転んで顔面強打や部活中に顔を打ってしまい歯が抜けてしまうことは、自身の身にいつでも降りかかってしまう突発的な事故として起こりえる事態です。万が一顔面強打して歯が抜けてしまった場合、その後の処置によって再植出来るか出来ないのか大きく歯の状況を変える事態にもなるのです。歯科医がつぶやいた抜けた歯の処置方法が話題となっていたのでご紹介していきたいと思います。

顔面強打して歯が抜けてしまったらもう差し歯しかないのかなと思っていましたが、抜けた歯を牛乳に漬けて持って行くことで再植が可能というから驚きです!

実はこれ、歯医者さんのHPにもよく書かれている基本的且つ効果的な対処法だったのです。

抜けた歯の保存方法について
歯根膜は乾燥に弱く、18分乾燥した状態にあると死んでしまうといわれています。歯が抜けてしまったら、乾燥させないように下記のいずれかに保存してください。そして、できるだけ早く歯科を受診してください。

牛乳−抜けた歯の歯根膜を生かしておくのに最適な身近な保存液です。牛乳は約6時間歯根膜を生かしておくことができます。

ネオ−ネオ製薬から出ているティースキーパーで、最も良い保存液です。24時間歯根膜を生かしておくことができます。

口腔内−適切な保存液が身近にない場合、口の中(唾液中)で保存して頂いた方が、乾燥させるより歯根膜が残る可能性が高くなります。

水道水では、歯根膜が生き残るのは1時間が限度とされ、2時間経つと死んでしまいます。
引用 http://www.osaka-konkan.com/save/

もし、部活の先生がこの事を知っていたら、水道水では洗わずにすぐに手に入る牛乳に漬けておくという処置を促していたと思います。

部活の先生だけでなく、小さいお子さんを持つ親御さんも知っておくと良い豆知識ですね!

画像掲載元 いらすとや
(秒刊サンデー:マギー