DSC_3746
月曜の朝、1週間の始まりと言うことで通勤していた方も多いであろう時間帯に突如震度6弱の地震が大阪で発生し、現在もなお混乱を極めている状態であります。ディズニーリゾートやUSJなどは、混雑日を避けてあえて月曜に訪れるゲストも多い中、地震の影響でUSJは開園を見合わせている状態となっています。更に、窓ガラスが割れる被害があったとの報告も成されています。

大阪で起きた非常に強い地震により、各方面に影響が出ておりUSJでも被害報告が出ており開園を見合わせている状態となっています。

広報担当者によると、現時点でけが人の情報は入っていない。入り口にあるチケット売り場の看板が落ち、窓ガラスが割れる被害があったという。担当者は「従業員もまだあまり出社できていない状況だ」と説明している。
引用 http://www.sanspo.com/geino/news/20180618/acc18061810540006-n1.html

ネット上では、チケット売り場の悲惨な様子がアップされており被害状況の大きさを物語っています。 地震大国日本で、こんなにもろく粉々になってしまう窓ガラス設計は如何なものかと考えさせられますが、実はこの設計こそが地震により身を守るための設計なのです。 地震により身を守ることが第一ではありますが、逃げ道を確保することも重要です。
閉じ込められてしまった後、二次災害で被災してしまうことも十分に考えられます。

もし自宅や会社などで大きな地震を感じたら、身を守ることを優先にして逃げ道の確保もして置いた方が良いでしょう。

地震を感じたらすぐに窓を開ける、玄関を開ける。
家の支柱に歪みが生じる前に外への逃げ道を確保しておくと良いかもしれません。

ちなみに、先ほどの地震を感じた直後、まだ揺れが大きくなる前に玄関のドアを全開にして逃げ道確保をしておきました。

(秒刊サンデー:マギー