スクリーンショット 2018-07-07 16.23.54
バナナは年中日本で食べることが出来ますが、その中で度のタイミングで食べるかについては色々議論が分かれるのかもしれません。青い状態なのか、それとも黄色い状態なのか、それとも真っ黒に染まって熟した状態が良いのか。これは人それぞれではありますが、こちらの230万人の利用者を抱えるインスタアカウントの中で議論がおきております。

ーどのバナナがいい?


ということでこちら1〜15番の中で最も最適なバナナはどの状態なのでしょうか。とれたて新鮮で熟していない青い状態が良いという人もいるし、逆に熟して甘い状態が良いという人もいます。多くの人は「8〜10」の状態を選ぶのだということですが、別にそれが良いということではなく、それが人間の中で好まれると言うだけです。

もちろん熟したバナナはそれだけ糖度が高まり、甘くなりますが場合によっては糖尿病の方には適さないのかもしれません。

そもそも糖尿病の方はバナナなど糖度の高い果物は控えるべきではありますが、健康や糖分を気にしている方はあまり熟さない状態でたべるといくらか抑えられるのかもしれません。

こちら「Fitness Meals」のアカウントではなんと、230万人のユーザーがフォローしているモンスターアカウントです。それだけ有益な情報が満載ということですが、こちらのスイカをサクッと切り分ける道具はこれからの季節かなり活躍しそうですね。

どの状態がいいか?ということではこちらのビール腹一覧も話題になりましたが


とにかく食べ過ぎには注意したほうが良さそうですね。


画像掲載元:Instagram

 (秒刊サンデー:たまちゃん