2018-07-14 (8)
エジプトと言ったらピラミッドにミイラ。今なお解明されていない謎が数多くあり、まさにミステリアスであり現代人が引きつけられる要素がまだまだ眠っている状態です。そんな中、エジプト北部のアレクサンドリアで発掘調査中の考古学者が発掘した新たな石棺が話題となっています。それは、今までになく大きな石棺であり開けられた形跡も無い事から巨人が入っているのではないのかとの推測も呼んでいます。

今回発見された石棺は縦265センチ、幅165センチ、高さ185センチ。
地下5メートルほどのところに埋められていたといいます。

これまでに現地で発見された石棺の中では最大級に大きい物と言う事なので、中の調査が待ち遠しい限りです。
もしかしたら、人類がかつて巨人であったことを証明する第1歩なのかもしれません。
そして、約2000年前の物とされる石棺ですが、今までで荒らされていなかったのが不思議とも言えるほど。

同時に発見された雪花石膏でできた男性の頭部の像も見つかりましたが、目や鼻がすり減っており人物を判別するのは不可能な状態となっています。

2018-07-14 (10)

もしかしたら、この男性が埋葬された石棺なのかもしれないと、益々ミステリアスな要素が満載となってきていました。

しかし、この巨大すぎる石棺には絶対に開けちゃいけない感が漂っており、ネット上でも危険を危惧する声も寄せられています。

2018-07-14 (9)

開けたらヤバい気しかしない石棺ですが、開けちゃいけないものほど開けて中身を確認したくなってしまうのが人間の欲求の性です。

現実の中にRPG要素が組み込まれた感も凄いですが、中身の調査結果が期待されますね!

出典元 https://www.demilked.com/2000-year-old-sarcophagus-discovered-in-egypt/
画像掲載元 YouTube

(秒刊サンデー:マギー