震災にも負けない!クロネコヤマトがスゴいとわかる写真

47)
 
 

東日本大震災で、東北地方や北海道への荷物の配達や支援物資の輸送など、物流にも大きな影響が出ていますが、「クロネコヤマト」でおなじみの、ヤマト運輸の配達への執念が話題となっています。


クロネコ1

本来はタイヤが4つあるであろう、軽トラ。しかし、足を見てみると、重機並みの装備を兼ね備えている。

クロネコ2

この写真の場所はスキー場だと思うが、積雪が酷い地域だと、車輪が増えるようだ。 いったい何個のタイヤがあるのかわからないが、隣にある車が普通の装備なのに、クロネコヤマトの車だけとてつもない設備である。

クロネコ3
 
 離島への配達は、手漕ぎボートである。ボートがクロネコ塗装ではないのが残念であるが、このボート、流されてないだろうか。

クロネコヤマトのこの装備なら、被災地帯にも、荷物を運ぶことができそうである。

記者:じょんさま

28 Comments

秒刊名無し

※17
こんな弱小サイトに金払う馬鹿がいるかよwwwww

秒刊名無し

でもクロネコが被災地への配達(営業所どめだけど)を
再開してくれたおかげで、友達に個人的な物資支援ができそう
ありがたいわ

秒刊名無し

手漕ぎって・・・
こんな特殊な車輪の車が用意できるんなら(運転免許区分はどうなるんだろうか?)、
モーターボートくらい、たやすく用意できないの?

秒刊名無し

数年前クロネコヤマトでレイプ犯が出てから使うのを躊躇してる。。

秒刊名無し

だから?
こいつら誤配しようが謝りもしないクソ共なんだが。
アピールだけは上手な口だけの会社。

美人な猫

震災時を単なる名誉回復に選んだ行為の何処が立派だ、阿呆。偽善者の社風と幼児性がハッキリした。このコメントが表示されまい、腹黒い猫奴等だからな。

仮面ライシー

クロネコヤマトの未来は、明るいでしょう。否定的に物事を察知できない哀れな人よ。神に祈るか、命ごいをしたまえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。