宇多田ヒカル『キラキラネームはかわいそう。』キラキラネームを批判

dffe

宇多田ヒカルさんが、最近流行りのキラキラネーム(DQNネーム)について言及。『日本語っぽくない名前とか、ちょっとかわいそうだなと思う。』とキラキラネームについて否定的な意見を述べていることが判った。これは昨今の子供の名前事情の影響によるもので、『ノエルちゃん』や『ないとくん』などちょっと日本にはあまり聞かれない名前が流行り出していることによるものだ。



dffe

宇多田さんのTwitterでの発言によると

最近日本では風変わりな名前の子供が多いらしいけど、絶対読めない名前とか、日本語っぽくない名前とか、ちょっとかわいそうだなと思う。親御さんたちは愛情をもって名付けたんだろうけど…
https://twitter.com/utadahikaru/status/216887898845364225

と、最近のキラキラネーム事情に苦言を呈していることが判った。キラキラネームの例として以下のような者がある。

・騎士(ないと)
・美俺(びおれ)
・月『ライト』
・琉希亜『ルキア』
・煌羅『キラ』
・月雫『ルナ』
・輝南『ティナ』
・南椎(なんしー)
・ 愛舞(いぶ)
・留樹(るーじゅ)

../archives/4101821.html

確かに、日本人離れした名前であることが気になるが、反面この名前を付けた親は心をこめて、一生懸命考えたのかもしれない。日本人らしい名前でなければならないと言う縛りは何処にもないし、今でこそ普通だが、『空君』『リク君』『萌えちゃん』など、一部の名前は昭和の時代からすればチョット特殊に思えるものも。

それを踏まえると、上記のキラキラネームもいずれかは普通のごく一般的な名前になる時代が来るのかもしれない。

宇多田さんの発言に一部のユーザが反論し

可哀想か可哀想ぢゃないか、決めるのは子供だょ。最低な考え
等と言う意見もあり、宇多田さんは即座に『たしかにかわいそうは失礼だったかもしれないですね。』と謝罪、そのあとそそくさと寝オチしてしまった。

キラキラネームには賛否両論分かれるが、大事なのは名前そのものではなく、子どもの為にどれだけ愛情を込めたかという『思い入れの大きさ』であると信じたいものだ。

(ライター:たまちゃん)

23 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

私らからしたら変わった名前でかわいそうと思うかもしれないけど、子供世代からしたらそれが普通なのかもよ?
私は、同世代にはいない昔の名前で、よく幼いころから「おばあちゃんみたいな名前」って言われてた。(大人になった今でもいう人もいる。)そのせいで、ちっさいころは自己紹介のとき名前をいうの恥ずかしく感じてたな。で、同級生のイマドキの名前の子にすごい憧れたし、どうしてこんな古臭い名前つけたのって何度も親に言った。
だから私は、名前をつけるときは
自分らの世代の名前をつけるのではなくて
子どもの世代にあった名前をつけてあげるんだってずっと思ってるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。