【胸熱】古代の地下都市発見か?トルコ・カッパドキアで地下18階建てのトンネル発見される

Derinkuyu-underground-City_R

トルコと聞いて何を思い浮かべるだろうか。トルコ・アイスにケバブ、トルコ・コーヒーなどいかにも異国風な食べ物などだろうか。しかしトルコのカッパドキアは、知る人ぞ知る地下ラビリンスともいえる地下都市が無数に存在する事で有名だ。今回は、ネブシェヒルでこれまでよりも、かなり大規模な古代地下都市が発見されたそうだ。


derinkuyu-undergroun-city-main_R

トルコ・カッパドキアのデリンクユ、カイマルク地区は、古代へのロマンを求めてやって来る観光客にとって、素晴らしい場所と言えるだろう。そこには無数の地下都市が存在しており、それを観光客に開放しているのだ。
 
外敵から身を守るために築かれた地下の巨大シェルターであるこれらの地下都市は、3世紀頃にキリスト教徒が迫害されていた時代に、彼らが逃れ住み着いたとされているが、研究者たちによると、これらの地下都市はキリスト教徒が住み着く以前には既に建造されていたと見ている。
 
それまでに発見されていた最大の物は、地下8階建てとされているが、今回ネブシェヒルで新たに発見された地下都市と思われえるトンネルは、なんと地下18階建てというかなり大規模な物であった。
 
―解体作業員による偶然の発見
 
今回の発見は、ちょうど解体作業で辺りの瓦礫を取り除いていた作業員が、偶然地下トンネルを見つけた事がきっかけとなった。調査を進めていく内に、やがてこの発見がこれまで発見されていた他の地下都市よりも大きく、更に年代的にみても他の物よりも古い物である事が明らかになった。
 
専門家によると、今回発見された物は5000年以上前の物である可能性があり、そうなるとこの地下18階建ての巨大な地下都市は、紀元前3000年に建造された事になる。本当はどんな目的で、一体誰がこの地下都市を建造したのだろうか。まだまだ謎の多いトルコの地下都市、これから一層調査が進められる事だろう。
 
因みにネブシェヒルの市長は、同市がカッパドキアの新たな観光スポットとして賑わう事に期待を寄せているそうだが、果たして期待通りにいくだろうか。この巨大地下都市が観光客に公開される様になれば、決してありえない話ではないだろう。今後の展開に期待したい。

掲載元:http://www.mirror.co.uk/news/world-news/new-derinkuyu-incredible-labyrinth-5000-year-old-5453487
(秒刊ライター:有島 ゆうき)

2 COMMENTS

秒刊名無しさんでー箕蛙

ソドムとゴモラも核攻撃だった由、シリアのパルミラも主要部分地下?

秒刊名無しさんでー

ラスボスおるんやろ、小林幸子的な

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。